彼氏と別れたいときの14の対処法

 
彼氏と別れたいけどどうすればいいのかわからない・・・と悩む女性が増えてきています。

もしかしたらあなたもそうではないでしょうか?

自分の正確や相手のキャラクターにって別れる方法は異なります。

そこで今回は彼氏と別れる方法を様々な視点からご紹介しますので、
あなたにピッタリの方法を探してみましょう。

きっと「これだ!」という別れ方が見つかるはずですよ。

スポンサーリンク


彼氏と別れたい

 

彼氏と別れたい人は徹底的に会わないこと

 
今まで頻繁に会っていたカップルほどこの方法は効果的です。

毎週のデートも何かと理由をつけて断るようにしましょう。

ちょっとズルいかもしれませんが、
一旦デートの約束をしてドタキャンするという方法もありかもしれません。

ウソも方便です。

理由は何でもいいので徹底的に会わないようにすることがとても重要なポイントになります。

それが難しければ会うペースの間隔を徐々に長くしてくといいでしょう。

例えば今まで週1回で会っていたら、1ヶ月に1回、
遠距離のカップルで1ヶ月に1回ほどだったら、2~3ヶ月に1回、
という具合に長く伸ばしていくことが効果的です。

もちろん会わないことによって相手がかえって燃え上がってしまうこともありますが、
試して見る価値は十分にアリです。
 

メール・電話などの連絡を徐々に減らしていって別れたいアピール

 
会うのを減らしても、連絡を頻繁に取っていては全く意味がありません。

ここは心を鬼にして少しずつ連絡を取るのを減らしていくようにしましょう。

電話の場合は出なければいいのですが、
問題はメールです。

例え「連絡ないけど、体調でも崩した?」とメールがきても返信しないか、
「なんでもない」なんていうそっけない返信をするといいです。

徐々に彼氏も異変に気づいてくることでしょう。

メールだと返信しないと罪悪感が残るでしょうけど、
ここはガマンのしどころといえます。

スポンサーリンク


彼氏と別れたいなら理由と時間帯に注意する

 
すんなり別れるには彼氏の悪いところをズバリ指摘して、
「ここが嫌だから」と話してしまいがちですが、それでは逆効果の場合もあります。

特に相手をついつい気遣ってしまうような優しい女性にはできにくいものですよね。

そこで、おすすめの理由が、
「自分にとって前向きな理由」
で切り出すことが効果的です。

「仕事を優先したい」とか「一人の時間がほしい」とかの理由をつければ
お互い冷静に話し合えることでしょう。

そして忘れてはいけないのが、
別れを切り出す時間帯です。

話を切り出す時間帯は夜より昼をおすすめします。

夜は疲れていて憂鬱になり、
別れをすんなり受け入れてくれる可能性が低くなるからです。

切り出すなら午前中からお昼にかけてがベストといえるでしょう。
 

彼氏によっては徐々に会う回数を減らして別れるのが効果的

 
昨今、ストーカー被害や恋人同士の別れの縺れによる事件が多く問題になっています。

これらは、急に相手が自分の元から去っていってしまったという心情から引き起こることが多いのだとか。

こういった事件を防ぐためにも、
相手によっては一気に会わない、拒絶するという方法ではなく、
相手とは少しずつ距離をとり、相手に自分といない時間を徐々に増やしていく方が無難です。

彼はあなたといない時間を過ごすことで、
あなたへの依存が薄れるため、別れが円滑にすすみます。

スポンサーリンク


彼氏にきちんと別れたい気持ちを言葉にして伝える

 
徐々に距離をおいて、自然に別れることができたら理想的ですが、
そういうパターンばかりでもありません。

どうしても別れたくない様子の彼には、
きちんと彼への気持ちを伝えましょう。

別れたくない彼は、
どうしてあなたが別れたいのか想像もできないはず。

それを説明できれば、彼も理解してくれるでしょう。

別れは必ずしどちらかに非があってやってくることなので、
本人に非があるなら彼も知るべきだし、あなたに非があるなら尚更しっかりと伝えることが大事です。

中には伝えにくい言葉もあるかもしれませんが、これも円満な別れのためと割りきりることが大切です。

お互い話し合ってから別れた方が、良い友人関係になれたという男女も多いのも事実です。
 

彼氏と別れる口実であえて嫌われる事をする

 
距離をおいても、きちんと別れたい理由を説明しても、
どうしても別れたくないと言い張る彼が意外とたくさんいます。

そんな彼には、あなたがわざと嫌われる行動にでましょう。

男は言ってしまえば単純な生き物で、
大体嫌いな女の子の特徴は大体同じ傾向があります。

わざと彼の前で他の男にアプローチしたり、
合コンの予定を入れて彼より優先させてみたり、などなど。

あんなに言い寄っていた彼も、別人のようにあなたから離れていくことでしょう。

あなたは、わざと彼を傷つけて心が痛むかもしれませんが、
彼と本当に別れたいのなら一時的に心を鬼にするべきです。

「彼が可哀想」といった感情が、時に彼を傷つけたり、
ダラダラと意味のない関係を続けていったりする原因になります。

その時は辛いかもしれませんが、
別れるという目的を見失わないように頑張りましょう。

綺麗さっぱり別れた後は、素敵な恋ができるはずです。

スポンサーリンク


決定的な別れたい理由を明確にする

 

自分は別れたいけれど彼氏は別れたくない…というような意思の不一致がある場合は、理由を明確にしてからでないと食い下がられる可能性があります。

なぜ別れたいのか、別れなければならないのかをはっきりさせ、
その理由を彼氏にわかるように伝えることが必要です。

彼氏が別れたくないと思っていればいるほど「でも」「だったら」「それなら」という妥協案や、
別れる原因となったところの改善案を提案をしてくるはずです。

その時に、彼氏の意見に気持ちが揺らいではいけないのです。

営業手法でいう「No消し」に似ているところがありますね。

彼氏が食い下がってくるような提案もあらかじめ考えておき、
それに対するお断りの言葉も考えておきましょう。

 

彼氏と別れたいなら優しさは見せない

 

いろいろな理由で別れを決意することでしょうけれど、
それを伝えるのは、相手に理由があれ自分に理由があれ、とても勇気がいることです。

ただ、別れると決めた以上不必要な優しさはみせてはいけません。

見てくれは強くても、恋愛にナイーブなのは圧倒的に男性です。

いつまでも過去の恋愛にしがみついてしまう傾向があります。

別れる時も優しく接してしまったために、
その後も「もしかしたら戻れるかも…」と思われてしまうと、ストーカーなどの被害も否定できません。

必要がなければ嫌いになる必要はありませんが、
毅然とした態度の中に優しさを見せる必要はないでしょう。

スポンサーリンク


彼氏と別れた後で自分から連絡は一切取らない

 
これは別れを伝えたあとですが、彼氏(元彼氏)への連絡はしてはいけません。

「元気?」
「最近どうしてる?」
「彼女できた?」

などはもちろん、

「誕生日おめでとう」
「明けましておめでとう」

などでも一切連絡してするべきではないと語る人もいます。

恋愛をやめた相手にそういったメールは必要でしょうか?

別れた相手とは、その後の人生は別のものになります。

相手を思いやっているつもりなら「優しさは見せない」に引っかかりますし、
相手が勘違いする可能性があります。

こちらが何も思っていなくても、そういう連絡を送ることで思わせぶりな態度につながり、
彼氏(元彼氏)を傷つける原因になります。

新しく彼氏が出来た人は、元彼氏にそういう連絡をすることで尻軽女と思われてしまうこともあるかもしれません。

別れたくて別れたのだから、
その後の女性側からの連絡は一切断ち切りましょう。
 

彼氏と別れたいなら決断することが大切

 
いかがでしょうか。

あなたに合った別れる方法はありましたか?

別れるときに一番やってはいけないことがズルズル関係を引きずってしまうことです。

なぜあなたは彼と別れたいと感じたのか?
そのきっかけとなったことをしっかりと頭に叩き込んでおくことで、
決断がスムーズにいくことでしょう。

同じことを何度も繰り返すのはあまり賢いとは言えません。

ハッキリさせるときはハッキリさせたほうがお互いにとってプラスな経験になるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク