不倫をやめたいけどやめられない理由5つ

 
現在不倫をしている人でそろそろやめたいと考えている人はいますか?

不倫関係をやめたいけど中々やめられない・・・不倫は社会的に許されない恋愛ですから人に相談する事も難しいでしょう。

不倫をやめたいけどやめられない理由を読んで不倫を止められない人にはどんな理由があるのか見てみましょう。

スポンサーリンク


不倫をやめたいけど止められない理由

 

好きな人だから離れたくない

 

不倫関係は止めたいけれど、不倫相手が好きで止められない事が理由です。

頭ではいけない事だと分かっていても不倫相手に会うとやっぱりその人の事が好きでダラダラと付き合ってしまう。

この様な関係の人が多い様に感じます。

不倫相手に会う頻度にもよりますが、週末だけ会える関係ですと普段相手の嫌な部分を見る事無くいい部分だけ見えて更に相手を好きになってしまい不倫から抜け出せない人もいます。

どちらにも言えますが、相手を好きだから離れたくない、この関係を壊したくないと思ってしまうのです。

 

別れて結婚すると言っているから

 

不倫相手が今のパートナーと別れて結婚したいと言われ、離婚を待っているので止められない人もいます。

不倫相手が離婚と結婚の話をしてきた場合、殆どが嘘だと思っていいでしょう。

不倫は1つの遊びです。
本気でその人を大切に思っているのなら、離婚してから付き合い結婚するのが筋ではないでしょうか。

不倫の始まりは往々にして体の関係から始まります。
体目当てとまでは言いませんが、お互いに了承した上での関係ですから信頼関係はあるでしょう。
しかし、そこに愛情はあるのかを考えた時に疑問符が付きます。

不倫はいけない事をしているスリルと背徳感を楽しむ遊びなので本気にならない事が不倫のマナーです。

自分または相手の家庭を壊してまで付き合いたいと思う人もいるでしょうが、殆どの人は不倫と家庭を割り切って付き合っているのです。

不倫中に離婚、結婚のワードが出てくる事はマナー違反ルール違反です。
言っている本人も本気で言っている可能性は低いでしょう。

もし、本気であれば期限を決めていつまでに離婚するか約束してもらいましょう。
いつまでもダラダラしていると不倫をやめたいけどやめられなくなります。

スポンサーリンク


別れてくれない

 

こちらが別れたくても相手が別れてくれない可能性もあります。

この場合、こちらから連絡を取らずに自然消滅を狙う事も出来ますが、相手が独身者だった場合、「別れたら言いふらしてやる!」と脅迫めいた事を言われる人も少なくありません。

そんな事を言われると怖くて別れる事が出来ずにダラダラと関係を続けてしまう人もいるのです。

不倫しているカップルは日頃から不倫の証拠を残すような事は止めましょう。

これは周りからバレない様に予防線を張るのと不倫相手とのトラブルがあった場合に対しても不倫の証拠をネタにゆすられない様にする自己防衛の意味で大切です。

不倫相手からのゆすり、たかりがあった場合素直に弁護士などに相談するのがいいでしょう。

 

別れた後の関係が気まずくなるからやめられない

 

関係が気まずくなりそうでやめられない。

社内不倫している人に多いです。

社内の場合会社の規模にもよりますが顔を合わせる機会が多く不倫を止めた後に気まずい思いをしながら仕事をしたくないと考えやめられないのです。

不倫を止めて翌日から普段通りに会話するのは確かに辛いもしくは気まずいかもしれません。

しかし、不倫がバレない内に別れた代償として受け入れるしかありません。

どうしても耐えられないのであれば、移動願いや退職を考えてみましょう。

スポンサーリンク


不倫が楽だと思ってしまう

 

独身者が既婚者と不倫している人が思う感覚です。

不倫の関係は普通の恋人とは少し違う関係です。

独身者から見れば既婚者との不倫は楽に感じられます。

恋人同士の様な頻繁な連絡の取り合いは不倫発覚のリスクがあるので連絡頻度も控えますし、2人で会う頻度も既婚者の都合に合わせますので、

普通の恋人より会えなくなります。

しかし実際に会うと恋人と同じように振る舞う事が出来るので、淡白な人であれば不倫を楽に感じてしまいます。

そうすると、普通に恋人を作って恋愛をする事が面倒に感じてしまい不倫をやめたいけどやめられなくなってしまうのです。

 

不倫をやめたい人がやるべきこと

 

不倫がやめられない理由は錯覚であることも多い

 

不倫はいけないことだと思っていてもやめられないことがあります。

不倫相手位をどうしても好きと思ってしまう場合や、離れられないと思ってしまう場合があるからです。

しかし、その多くは勘違いであることを理解する必要があります。

これは危険なことや、リスクがある行動をするときに男性ホルモンが分泌されやすくなるからです。

男性ホルモンが分泌されると危機に関する意識が弱まり、興奮しやすく、性欲が高まりやすい状態になります。

男性ホルモンの分泌量が高まれば相手に恋をしているという錯覚を起こしやすくなるのです。

不倫にはまってしまう人は不倫のスリルが好きなだけで、相手が好きとは限らないのです。

スリルを味わうのであればスポーツや格闘技の観戦、ギャンブルなど、他にも発散する方法があります。

自分が相手を好きだと勘違いしていないか確認することが大切です。

スポンサーリンク


不倫が発覚した際の社会的なデメリットを理解する

 

不倫が発覚した際の社会的、経済的なデメリットを把握することも重要になります。

不倫が発覚すれば、相手から訴えられる可能性や慰謝料の支払いが求められる場合もあります。

慰謝料の支払い額が数百万円単位になることがあるだけでなく、社会的なダメージを受けてしまうことも珍しくないのです。

うわさが出回り会社に居続けることが難しくなる人もいます。

発覚した場合にどのようなリスクがあるかを正確に理解し、縁を切る準備をした方が良いケースが多いのです。

特に浮気が発覚しても相手のリスクが少ない状態であることも多く、意識の差にも表れがちです。

自分のことを大切にしてくれる人であればある程度見逃せても、些細なことで生活が崩壊するリスクを理解する必要があります。

自分が家庭を持っている場合は修復不可能な傷を負う可能性もあるため、人間関係を清算することは大切なのです。

 

パートナーがいる場合はしっかりと話し合うことも重要

 

不倫であっても、自分にパートナーがいる場合はしっかり話し合うことも重要になります。

不倫をするということは、パートナーに不満がある場合や、満たされない部分がある場合が多いからです。

結婚していてもパートナーは他人です。

言葉で示さなければコミュニケーションが取れないことが多く、態度でわかってほしいというのが甘えであることも多いのです。

パートナーに甘えたいと思うのは当然の感情である一方で、父性や母性など過剰な要求をしてしまうと話がこじれてしまうことがあります。

相手は人間であり、精神的な許容量に限界があるだけでなく察する能力にも限界があるのです。

また、会話をしないことで魅力が低下して見える場合もあります。

慣れるとどうしても恋愛感情が生まれづらくなるため、二人で新しいことにチャレンジをする方法もあります。

会話をしながらお互いを見つめなおすことで不倫の必要性を感じなくなることも多いのです。

スポンサーリンク


基本的に不倫は持続することができないことにも理解する

 

不倫は基本的に発展性が無く、持続が出来ないことを理解する必要があります。

長く続く場合は惰性で流されているだけで、前に進んでいる状態とは言い難いのです。

普段の相手の言動を見直しながら、本当に自分を大切にしてくれる相手か確認する必要があります。

相手が結婚していて、いつか別れると言っている場合は具体的なスケジュールの提示が無ければ嘘になります。

本当に大切なのであれば家庭環境を清算して付き合うのが筋だからです。

その時点で自分が一番ではなく、何かあった際に捨てられる存在であることを理解する必要があります。

自分を一番大切にしてくれる人を探した方が建設的であり、浮気は妥協の一つとも言えます。

浮気をしていたことが次の恋愛やパートナーとの関係に影を落とすこともあるため、胸を張って進める状態を作ることも大切なのです。

 

不倫をやめたいのなら意志を強く持つ事

 

いかがでしたか?

不倫は禁煙と同じようにやめよう!と強い意志を持たないとダラダラと続いてしまいます。

まずは自分の意識改革をし、不倫脱却を目指しましょう。

不倫はやめられます。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク