スタイルが悪い女の悩み5つ

スタイルが悪いと、ファッションにも制限が出てしまって、いろいろ悩みは尽きないですよね。

スタイルが良い女性なら、それこそどんなファッションでも似合うのに、スタイルが悪いとそういうわけにもいきません。

スタイルが悪い女性はファッションのことでは本当に悩みが尽きないのです。

そこで今回はそんな、スタイルが悪い女の悩みとはいったいどういうものがあるか、それについてお伝えいたしますので、ぜひ共感できるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


スタイルが悪い

 

体にフィットする服が着れない

 
スタイルが悪い女の悩みとは、体にフィットする服を着ることができないという悩みがあります。

体にぴったり沿ったそんなフィットするファッションは、体のラインをはっきり浮き上がらせてしまいます。

気になるポッコリ出たお腹や太い腕なども、みんなあらわになってしまうのです。

スタイルの悪い女性にとって、それは大きな悩みです。

隠したいスタイルの悪さが露呈してしまうのだけは避けたいので、洋服を買う時にはついついフィットしないように大きめのサイズを選んだり、スタイルが分からないようなチュニックみたいなアイテムばかり選んでしまうのです。

そういうファッションは、女性をますます太ったさえない印象を与えてしまいます。

フィットする服はスタイルの悪さがばれてしまい、大き目の服を選べばおばさんっぽくなってしまう、そんな悩みがスタイルの悪い女性にはあるのです。
 

薄着になる夏が怖い

 
スタイルが悪い女の悩みは、薄着になる夏が怖いということがあります。

秋から春にかけては長袖ですし、重ね着をしたりするので、スタイルが悪いということが周囲にばれにくいです。

しかし、夏になるとどうしても半袖になりますので、例えば腕が太いということが分かってしまいます。

重ね着もできないので、スタイルが悪いということもバレバレとなります。

夏といえば海やプールですが、そんなところにも怖くて行けなくなってしまいます。

中には冬の間は上手にスタイルの悪さを隠せていたのが災いして「意外とがっしりしているんだね」「けっこう太いんだね」なんて言われてしまったりすることもあるのです。

スタイルの悪い女性は、薄着の季節の前にシェイプアップやダイエットをして、何とか痩せて夏を迎えたいと考えているのですが、なかなか思うようには行きません。

毎年夏になるたびに、自分のスタイルの悪さがばれることを心配して、今度こそスタイルをよくする努力をしようと心に誓うのです。

スポンサーリンク


スタイルの良い友人が怖い

 
スタイルの悪い女の悩みとして、比較されがちなスタイルの良い友人が怖いというのがあります。

友人とは気が合って大好きだとしても、一緒にいるとなんとなく周囲の人に比べられているような気になります。

買い物や映画に二人で出かけていても落ち着かず、心の中で「絶対みんな随分スタイルに違いがあるなと思っているんだろうな」なんて卑屈になってしまうのです。

ましてや異性が混じるような集まりには、とても一緒に行く気にはなれません。

比べられるのは彼女のせいではないと頭では分かっていても、それでも気おくれしてしまい、行く気がしないのです。

友人は好きだけど、比べられるのが怖い・・・そんな悩みがスタイルの悪い女性の頭から離れないのです。
 

洋服を買うのが憂鬱

 
スタイルの悪い女が悩むのは、洋服を買いに行く時です。

女性ですから、スタイルが悪くてもいろいろな服を買いに行きたいですが、ショップで店員に見られるのが苦痛に感じてしまうのです。

あれこれ選んでいても、店員が近くにきたりすると「スタイルの悪いこの人に似合う服なんてないわよ」と思われていないか、心配になってしまいます。

そんなのは被害妄想だと自分でも思っているのですが、やっぱりどう思われるか気になるのです。

また、会計の時にも服を差し出すのが恥ずかしく感じたりします。

「スタイルの悪い私がこんな服買って、服がかわいそう」なんて思っているんだろうな・・・なんてネガティブな考えが頭に浮かんでしまうのです。

試着でもしようものなら、店員さんが「お似合いですよ」と言ってくれる言葉に対しても、無理させているという風に考えてしまうのです。

実際に店員はそんなことは考えていないとわかっていても、びくびくしながら服を選んでしまうのです。

そんな気持ちで洋服を買いに行っても、楽しいというより疲れてしまいます。

スタイルの悪い女は、服を買いに行くのも憂鬱で、悩みの種となるのです。

スポンサーリンク


服のサイズのチェックが欠かせない

 
スタイルの悪い女の悩みは、スタイルの悪さゆえに大まかなざっくりとしたサイズ選びではあわないということがあります。

今はファッションのアイテムによっては、ざっくりとS・M・Lと分けられているものも多いです。

しかし、メーカーによって多少の差がありますが、普通の人はいつもMサイズなら、たいていのメーカーは合わないということはないのです。

しかし、スタイルの悪い女性というのは微妙に腰回りが太かったり、腕が太くていつものMでははいらないということがあります。

いつも何とかMで行けてるから、と思って購入してみたら、腕が太すぎて入らなかった・・・なんてことがあるのです。

スタイルが悪い女性は、サイズのチェックをしっかりとしないと、購入してから腕が入らないといった事や、パンツが入らないということがあるので、油断できないのです。
 

スタイルが悪い女の悩みは尽きない

 
いかがでしょうか。

以上、スタイルが悪い女の悩みについてお伝えいたしました。

スタイルが悪い女性は、そのスタイルの悪さからどうしても控えめになってしまったりします。

シェイプアップしてスタイルをよくするか、または「これが私」と自分を肯定してあげるのも、きっと大切なことかもしれませんね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

胸を小さくする方法7つ

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



恋愛・結婚・復縁・不倫に悩んでいる人へ

 

・出会いがない

・好きな人と結ばれたい

・今の恋人とうまくいっていない

・別れた彼とよりを戻したい

・周りが結婚して一人で悩んでいる

・不倫関係がやめられない

今、このような悩みを抱えている人がたくさんいます。もしかしたらあなたもそうではありませんか?

モヤモヤした気持ちのまま普通に振る舞う生活をしていると余計疲れますよね。その気持ちをすぐに解消しないとどんどん状況はひどくなってしまいます。

しかし、恋愛系の悩みの解決策は1つだけではないのが難しいところです。最終的にはあなた自身が答えを出して、その判断が「正しかったんだ!」と思えるように行動するしかありません。

そのための相談にのってくれるのが「絆(電話占い)」です。

」は「マツコの知らない世界」や「水曜日のダウンタウン」などテレビやメディアでしょっちゅう使われていたり、芸能人やアイドルもよくテレビで電話占いにハマっていると話しているので、もしかしたらあなたも利用したことがあるかもしれませんね。

一度でも利用したことがある人は、相談または占ってもらうことで気持ちが楽になり、毎日が充実するきっかけになることはよく理解していることでしょう。

もし一度も利用したことがないなら、無料で利用できる分だけでも軽く試してみてください。おそらく「使う前」と「使った後」では、まるで別世界のように心が軽くなっていることを実感できるはずです。初めてでよく分からないなら「初めてなんですけど」と伝えれば問題ありません。

有名なのは萩原八雲先生なので一度試してみましょう。

今のところ3000円分(15分程度)無料と、他よりもかなり長く利用できるので、ちょっとだけずるいですがギリギリまで使ってみて終わらせるのがコツです。
※無料分の金額が減っている可能性があります

お試しで使ってみると、「絆」のユーザーが急増している理由がすぐに分かるはずですよ

「絆」を試してみる(無料分あり)

 
スポンサーリンク