大人女子メイクの仕方やポイント5つ

大人女子になるためにはメイクを変える必要があります。

いい歳なのに、メイクがいつもワンパターンでなんとなく子供っぽいのは、正直周りから見れば痛々しいものです。

どうすればいいのだろう・・・と悩む女子はとても多いものですね。

いつもよりもう少し背伸びして大人女子メイクをしたいけど、どうすればいいのかわからないというそんなあなたに、上品な大人の女性に仕上がる大人女子メイク方法をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


大人メイクのポイント

 

  • ベースメイクはかなり重要
  • 眉は髪色に合わせ薄く自然に描く
  • アイメイクはほどほどにするのが基本
  • チークは色を気を付ける
  • 口紅、グロスは上品な色のものを選ぶ

 

ベースメイクは大人女子になるためにはかなり重要

 

大人女子メイクのベースは落ち着きのある「マット肌」。

ハイライトでピカピカのメイクは少し幼く見えてしまうので注意しましょう!

マット系のリキッドファンデでニキビ跡や色ムラをしっかりカバーすることも忘れずに。

男性をドキドキさせる「肌感」を更に引き出す為には、マット肌でも立体感は大事!間接照明のあたる眉骨下部分と、頬骨と目尻下の間に、アイボリー系ハイライトを大きめのアイシャドウブラシで軽くのせましょう。

出典 ちょっぴり背伸び!年上男性をオトす「大人女子メイク」

大人女子を目指すときに一番重要と思われるのがベースメイクです。

とにかくパウダーファンデーションをパタパタ塗ってお化粧した感を出していた若い頃のメイクは卒業しましょう。

大人に見えるベースメイクを完成させるには素肌の自然な美しさをいかに引き出すか、ここがポイントです。

まずメイクの前に軽くマッサージをします。

マッサージによってお肌の血行がよくなるため、血色とお化粧ノリを良くします。

そして、下地は必ず使います、肌をワントーン明るくするタイプがお勧めです。

ファンデーションはリキッドタイプを選びましょう、パウダータイプはシワっぽくなってしまいます。

自分の肌色と同じ色味のものを選びます、ここで明るめを選んでしまうと顔が白浮きするので注意しましょう。

リキッドファンデーションを付けるときのポイントは「指を使ってつける」と言うことです。

パフを使うとどうしてもムラが出てしまいます、しかし指を使うと鼻のきわや目尻などのヘコミにも綺麗にファンデーションが馴染むのです。

リキッドファンデーションを顔全体にムラなく伸ばしたら、パウダーで仕上げます。

パウダーはマットなものやラメ入りのものがありますが、どういうお肌に仕上げたいかで選び方が変わります。

陶器のようなしっとり落ち着いた肌がいい人はマットなパウダーがお勧めです。

ガラスのように艶があって輝くお肌がいい人はラメ入りのパウダーがお勧めです。

下地、リキッドファンデーション、パウダーで仕上げるナチュラルなお肌こそ大人女子のメイクの基本と言えます。

スポンサーリンク


眉は髪色に合わせ薄く自然に描くことで大人女子を目指す

 
今までアイブロウを使って眉を書くとき、何色のアイブロウを選んでいましたか?

顔全体の印象だけを考えて、明るいブラウンを選んでいませんでしたか?

アイブロウの色を選ぶときに重要なのは「髪の色と同系色である」ということ。

茶髪が子供っぽいと思ったから最近少し暗めのブラウンに染め直した、という場合、眉もその髪色に近づける必要があります。

髪が暗めのブラウンなのに、眉だけ明るいブラウン、これはちょっと不釣合ですね、大人女子はこのようなミスをしません。

眉だけ明るい色だと品良く見えないものです。

まずは自分の髪色と近い色のアイブロウを使うようにしましょう。

そして眉を描くときはあくまでも「自然に」が鉄則です。

眉毛を描くとどうしても力が入ってしまってどんどん濃くなっていってしまう、そう言う人が意外に多いのです。

眉が濃いとどうしても自然なメイクに仕上がりません。

アイブロウのペン先を優しく眉にあてながら細かくラインを描いていきます。

最後にはブラシか綿棒でぼかすことをお忘れなく。

上手にぼかすことができれば薄めで自然な眉に仕上がります。
 

大人女子メイクのアイメイクはほどほどにするのが基本

 
これまではどのようなアイメイクをしてきましたか?

アイラインはくっきりと濃く太く長く。

シャドウは濃い目、ラメたっぷり。

つけまつげをしてマスカラもたっぷり。

この様なアイメイクは大人のアイメイクとは程遠いものがあります。

大人女子のアイメイクの基本は「セクシーな目力を感じるメイク」に仕上げることです。

全体的にお化粧が濃いわけではないのに、目からは凛としたイメージを受ける、こんなメイクがりそうなのです。

まず、アイラインはまつげの付け根だけに細く入れていきます。アイラインの幅は1.5ミリ以下にします。

アイラインの色もその日のメイクやファッションで変えてみましょう。

かっこいいパンツスタイルで決める日は黒いアイライン。

ナチュラルに白シャツとジーパンで決めるならブラウンのアイライン。

その日の目のイメージを決めるのがアイラインの役目であると覚えましょう。

アイシャドウも服装に合わせて変えていきます、あくまでも濃くしすぎないように注意します。

大人っぽい服装の日はアイホール全体に薄いベージュを塗り、薄目の茶色、濃い茶色でグラデーションをつけたブラウンアイメイク。

可愛らしくてふんわりした服装の日は、アイホール全体に薄い白パールをぼかし、ピンクのシャドウで明るく仕上げます。

つけまつげはやめましょう、男性から見ても不自然に感じられてしまいます。

まつげを長く見せたいのであれば、繊維入りのマスカラを上手に活用します。

マスカラを付けるときに気をつけることは、長すぎず、太すぎず、濃すぎず、です。

大人の女性は綺麗にマスカラを塗っていますが、その仕上がりはとても自然です。

自分のまつげを生かして上品な目元を演出しましょう。

スポンサーリンク


大人女子メイクのアイライン・アイシャドウのポイント

 

1.目尻の端から中央に向けて太めに1cmほどラインを引きます。最初に目尻の終点を書くと失敗しにくいです。

2.目頭から1で引いた終点に向けてまつげの際を埋めるようにつなげます。左右小刻みに動かして。

3.鏡をまっすぐに見て、目尻の終点から3mm~5mmほど横に伸ばす。

4.ラインの上側を綿棒でぼかして自然な仕上がりに。

空いている方の手で上まぶたを持ち上げて引くと◎。目線の下に鏡を置いてまつげの際を埋めるときれいに仕上がります。

出典 25歳を過ぎたらメイクの見直し! ナチュラルなのに可愛くなれる「大人メイク」の基本をチェック

淡いパールブラウンを使います。ヨンアさんはナチュラルメイクが基本なので、素肌に近い自然な色を選びましょう。

アイホール全体、目尻側はやや広めに。そして下まぶたにも同じ色を乗せましょう。下まぶたは気持ち広めに乗せるとGOOD!

続いては濃いブラウンのアイシャドーを目のキワに入れていきます。ここでのポイントは、黒目の上から目尻だけに入れること。ナチュラルなタレ目風に仕上がるはずです。

出典 大人カワイイ目元に!ヨンアさん風アイメイクをマネしよう
 

大人女子メイクのチークは色がポイント

 
今まで使ってきたチークは何色ですか?

可愛らしいピンク、明るいピーチ、こんな色が定番だったのではないでしょうか?

明らかにチークを入れているのがわかるような可愛い色はどうしても子供っぽくなってしまいます。

大人女子に仕上げようと思ったら、これらの色は一旦卒業しましょう。

大人女子に似合うチークはレッド系またはベージュ系です。

自分の素肌に載せた時に違和感がなく、本当に頬が色づいているようなイメージでチークを入れるのです。

そのためにはレッドやベージュが必需品と言えます。

これらのチークを頬骨の一番高いところに少しだけのせます。

そして軽く手でぼかせば、頬が自然に蒸気したようなチークを入れることができます
 

口紅、グロスは上品な色のものを選ぶ

 
最後に唇を仕上げます。

その日の服装と今日のアイメイクに合った色の口紅かグロスを選ぶようにしましょう。

なるべく薄めの色、素肌の美しさを強調させるようなツヤのあるものがお勧めです。

ぽってりドロドロにグロスを塗る人がいますが、これはタブーです。

唇に関してはそれほど難しいことはありませんので、自然で上品な色を選んでください。
 

大人女子メイクはナチュラルな自分を見せること

 
いかがでしたでしょうか。

大人女子を目指すためのメイクの基本は「ナチュラル」であり「自分素材の美しさを生かす」ということです。

上手にメイクできるようになれば、自分にも自信が持て少し大人になったような気分になれます。

早速鏡を用意して大人女子メイクに挑戦してみてください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク