価値観の違いがある彼氏との付き合い方5つ

 
「付き合っている彼氏と、どうも価値観が合わない・・・」、そう感じている女性は決して少なくないでしょう。

アンケートを取れば、かなりの割合で「そう感じる」という答えが返ってくるにちがいありません。

とはいえ、「価値観が違うから、別れる」という女性は少数派ではないでしょうか。価値観の違いを感じながらも、付き合いを続けたいと考える人がほとんどでしょう。

価値観は違うけれど、そんな彼氏と上手に付き合っていきたいと思うのが当然ですよね。

そこで今回は価値観が合わない彼氏との上手な付き合い方をご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

目から鱗が落ちるような発見があるはずですよ。

スポンサーリンク


価値観が合わない彼氏

 

「価値観が違うのはあたりまえ」という意識を持つ

 
すべてのケースに共通の付き合い方は、まず「価値観が違うのはあたりまえ」という意識を持つことです。2人の人間の価値観が完全に一致する、ということはありえません。

いっしょの家で育った兄弟や、親子、あるいは「幼なじみの大親友」でも、価値観が合わない部分はあるでしょう。

まして、まったく違った家庭に生まれ育ち、違う教育を受け、違う人生経験を経てくれば、2人の価値観に合わない部分が生じることは、むしろ自然なのです。

ですから、「これは自然なこと」と考え、価値観の違いをあまりマイナスに捉えないことです。そして小さな違いに関しては、それにこだわることをやめ、「違って当然だよね」と、自分の中で消化することです。

これが価値観が合わない彼氏との付き合い方の基本だということができます。
 

ゆずれないところは、しっかり主張する

 
価値観の違いには大きなものと小さなものがあります。小さな違いについては、先ほどご紹介したとおり、自分の中で処理してしまうことができます。

しかし、大きな違いとなれば、そうもいかないのが、現実ではないでしょうか。

「違うのはあたりまえ」と意識しても、「どうしてもゆずれない」と感じる違いもあるはずです。

それを無理に自分の中で処理しようとすれば、ストレスが溜まるばかりです。彼氏との付き合いそのものに無理が生じてしまうでしょう。

ですから、「ここはゆずれない」と思う価値観については、しっかりそれを主張しましょう。ただし、ケンカ腰にならないことが大事です。

「違ってあたりまえ」という意識があくまでも基本です。

それをわきまえた上で、「私はこう思う。こうしたい。それはイヤだ」という主張をすれば、意見が対立することはあっても、ケンカには発展しにくいはずです。

スポンサーリンク


同じ価値観のところを見つけ、それにしっかり注目する

 
いくら価値観が違う彼氏といっても、「すべてが合わない」ということはなかなか少ないのではないでしょうか。つまりどんなに「合わない」相手にも、必ず「合う」部分があるものなのです。

人間、どうしても「自分と人との違い」にばかり目を向けがちですが、それをやめて、「合う部分」を見つけてみましょう。

たとえば、「お金に関する価値観は違っても、両親を大切にするという部分は同じ」ということがあります。

その場合、お金のほうはできるだけ目をつぶり、親を大切にするという部分に注目するのです。そうすれば、「そこが合うのだから、それでいいや」という気持ちになれるはずです。

このような共通点は時間が経つにつれて、とても大事になってくるはずです。
 

価値観がぶつかりそうな話題はできるだけ避ける

 
少し付き合っているうちに、「ここは合う。ここは合わない」ということが、自然にわかってくるでしょう。

そうしたら、合う話題をできるだけ多くするようにし、合わない話題はできるだけ避けるようにするといいでしょう。つまり先ほどの例なら、「お金」に関することは、口にしないよう心がけるのです。

これが「夫婦」という関係になれば、生活上、そうした話題を避けることはできません。現実にはそれが原因でケンカ、そして離婚に発展することも少なくありません。

しかし、恋人関係である以上、わざわざ価値観がぶつかる話題を選ぶ必要はないのです。

「いっしょにいて楽しい」、そう感じるからこそ彼氏と付き合っているわけでしょう。ですから、できるだけいっしょの時間を楽しいものにすること。そのために、話題を選び、衝突を事前に回避するのです。

スポンサーリンク


決定的に合わない場合は、「次」を考える

 
先述でご紹介した上記の4つは、「価値観が合わないながらも、彼氏との付き合いを継続したい」という場合の方法でした。

しかし中には、「価値観が決定的に違う。その違いを自分の中で消化することはもう不可能だし、使えば付き合うほど、その違いはさらにはっきりしてきた」というケースもあるでしょう。

この場合は、付き合いを続けても恋愛感情が強まる可能性はかなり少ないですし、人間関係の深化を期待することはまずできません。ですから、自分の中で「別れの準備」を始めたほうが賢明だというわけです。

彼氏とは今まで通り付き合いながら、「次」の彼氏を模索するのです。

人間、おかしなもので、そのように「別れ」を意識し、他の男性に目を向けると、現在の彼氏の良いところが際立って見えてくる、ということもあります。

ですから、案外「やっぱり別れないでいよう」という結論が生まれるかもしれません。もちろんその選択も1つですが、仮にそうでない場合は、タイミングを計って、別れることをおススメします。
 

価値観の違いがある彼氏とは別れよう

 
いかがでしょうか。

恋愛は自由なのですから、価値観が合わない相手と無理して付き合いつづける必要はありません。

しかし、2人の人間の価値観が違うのは自然なことなのですから、「価値観が合わないから」と、すぐに別れてしまうと、結局はそれをくりかえしてしまうことになりかねません。

少しは我慢をする姿勢をみせて、相手に対する許容力を身につけることが大切だというわけです。

しかし、何度もご紹介していますが、我慢のしすぎはよくありません。

価値観の違う彼氏と別れた後に、価値観の合う人と出会うととても親近感が湧き、恋愛に発展しやすくなるものです。

必ずあなたと価値観が合う人はいますので、諦めないよう心がけたいところですね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク