プラトニックな不倫関係になる心理や理由3つ

あなたはプラトニックな不倫を経験したことはあるでしょうか。

プラトニックとは、純粋な気持ちで相手のことを想うという意味があります。

一方で不倫とは結婚した相手以外と恋愛したり、関係をもったりすることを表す言葉です。

では、その2つが組み合わさったプラトニックな不倫とは、いったいどういうものなのでしょうか。

そこで今回はプラトニックな不倫についてご紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、その心理や慰謝料についてもお伝えしていますので、チェックしてみましょう。

スポンサーリンク


プラトニックな不倫

 

プラトニックな不倫をする理由や心理

 

最近では「SEXなしの恋愛関係」を家の外に求める既婚男性が増えているようだ。

出典 30代の既婚男性はプラトニックな恋を求めている!?

 

20代の恋は幻想である。30代の恋は浮気である。人は40代に達して、初めて真のプラトニックな恋愛を知る

出典 30代の既婚男性はプラトニックな恋を求めている!?

 

最近の傾向では、プラトニックな関係を求める人が男性のみならず、女性も増えてきているようです。

男女の関係となるとどうしても、肉体関係を連想してしまうものですが、そういうわけではなさそう。

いったいなぜなのでしょうか。

 

お互いが不幸になるから

 

ある程度経験を積み重ねた男性の場合、お互いに好意を持っているのが分かったとしても勢いに任せてセックスをすることはありません。

急いで体の関係を持つことが、二人にとって不幸を招くのであれば一線を超すことはないのが大人の判断です。

出典 プラトニック不倫をする男女の本音って?

 

この場合は、お互いの気持ちが一緒なのに、すでに結婚しているからという理由で、自分を抑えているパターンです。

自分の気持ちを解放してしまったら、そのまま一気に事は進んでいってしまい、結果として、誰も幸せにならないからこそ、プラトニックな関係に落ち着いているのでしょう。

しかし、いつその関係が壊れてもおかしくはない状態だとも言えます。

スポンサーリンク


気持ちが一緒というだけで満足だから

 

お互いセックスのパートナーは確保できているという前提があります。

男女とも肉体的欲求を満足させるために相手を探すのは暗黙の了解ですが、すでに相手が存在している場合はお互いにガツガツする必要はないようです。

出典 プラトニック不倫をする男女の本音って?

 

体への欲求はそこまでなく、心のよりどころを主に求めているケースです。

この場合はW(ダブル)不倫のケースによく見られることが多いかもしれません。

 

プラトニックな不倫とは?

 

では、具体的に、プラトニックな不倫関係とはいったいどのようなものなのでしょうか。

1つずつ見てきましょう。

 

お互い気持ちを伝えているだけの関係

 

プラトニックな不倫と呼べるものには、お互い好意を持っているものの、それ以外には何も関わり合いがなく、好意を伝えているだけというものがあります。

確かにお互いまたはどちらかが結婚しているので、二人の恋愛は不倫と呼べるものですが、それ以上の関係がないのなら、その不倫関係はプラトニックなものといえるでしょう。

結婚した人でも、結婚後に職場やいろいろな場所で異性と知り合ったり機会はあるでしょう。

その中で、たまたま仕事などで関わりがあるような場合、どうしても相手に興味を持ったり、場合によってはお互い好きになってしまうこともあるのです。

しかし、深く付き合うような関係となれば、その関係は当然世間的に非難されることになったりします。

お互いの配偶者にばれたりすれば、もめたりすることが考えられるのです。

ただ、お互い好意を持ってい手も、それを相手に伝えているだけという場合は、これはプラトニックな関係と呼べるものでしょう。

その恋愛感情自体が不倫と呼ぶべきものかもしれませんが、二人の関係はプラトニックなのです。

人は誰かを好きになってしまうと、どうしても気持ちを伝えたいという思いを持つことがあります。

それがエスカレートして付き合いたいとか考えてしまうと、それはプラトニックな関係とは呼べなくなってしまうかもしれません。

しかし、ただ思いを伝えているくらいなら、当事者はもちろんその配偶者や周囲の人たちにも大きな影響があるとは考えられません。

不倫においてプラトニックな関係があるとすれば、お互いの気持ちを伝えているだけの関係、それはプラトニックな不倫と呼べるものとなるでしょう。

スポンサーリンク


食事に行ったり遊びに行くだけの関係

 

お互いに恋愛感情を持っていても、二人で食事に行ったり遊びに行くだけの関係としたら、それはプラトニックな不倫の関係と呼べるものだと考えられます。

どちらか、または双方が結婚していたとして、それでも恋愛感情を持ってしまった時、一緒に食事に行きたいと思ったり、遊びに行ったりしたいと思うのは、自然な気持ちといえるでしょう。

そして実際に二人で食事に行ったり遊びに行く程度なら、確かにお互い恋愛感情を持っていても、それはプラトニックな不倫の関係と呼べるのではないでしょうか。

その二人の配偶者から見れば、自分以外の異性と出かけたりするのは面白くありませんし、他の人を好きになったこと自体が不倫だと言いたい気持ちもあるでしょう。

実際に配偶者がいる人が、他に好きな人を作ってしまったり、その人と一緒に過ごす時間を取るようにしていれば、それは不倫であると思われます。

しかし、ただ食事や遊びに行くくらいの関係なら、それはプラトニックな関係です。

確かに不倫は不倫かもしれませんが、そう目くじらをたてることではないかもしれないのです。

不倫関係として、やはり一番問題となるのは肉体関係があるかどうかということがポイントとなるでしょう。

二人の間に肉体関係がなく、ちょっと一緒に出掛けたりするくらいなら、それはプラトニックな不倫といえるでしょう。

 

誰にも伝えずただ思いを心の中に秘めている関係

 

プラトニックな不倫の中には、誰にも思伝えず、ただ自分の心の中にその思いを秘めているというものも含まれるでしょう。

もしそういう思いを持っているのが片方だけなら、それは不倫ではなく片思いとなります。

しかし、それを口に出さなくても、お互いがそういう思いを持ち合っているようなら、それは精神的なプラトニックな恋愛といえるものなのです。

お互いが好きなことは、好き会っている者同士なら口に出さなくても分かり合えるでしょう。

何も言わなくてもお互いが好意を持っているということは、しぐさや表情でわかるはずです。

そういう時、配偶者から見ればそれは不倫とよべえるものだといえます。

しかし、お互い思いを寄せ合っているだけなら、プラトニックな不倫であり、社会的にも問題があるとはいえません。

人の気持ちというのは、いくら結婚したからと言ってロープで縛るようなことはできません。

いくら配偶者がいても、素敵だと思う人がいた場合、心が惹かれてしまうということはもちろんあるのです。

プラトニックな不倫の関係は、もしかしたら意外と身近にあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク


いくらプラトニックでも不倫なら慰謝料が発生することもある

 

「肉体関係はないものの恋人のような付き合いをしていた場合、慰謝料を支払わなければならないのか。

明確に法律で定められているわけではありませんし、最高裁がバシッと判決を出しているというわけでもなく、実務上、見解が分かれています。

下級審では、“肉体関係がなければ慰謝料請求を認めない”と考える判決が多いようですが、肉体関係がなくとも慰謝料を認めるケースも存在します」

出典 プラトニック不倫!? 肉体関係ナシで慰謝料が発生するケースが判明

 

なかなか判断が難しいプラトニックな関係ですが、肉体関係がなかったとしても、不倫は不倫であると認識されるケースもあります。

「何もなかった!」と主張しても、それ以前の行動で不倫行為だと認められてしまえば、やはり慰謝料は払わなければいけないのでしょう。

 

プラトニックな不倫は存在する

 

いかがでしょうか。

今回は、プラトニックな不倫の原因や心理、具体的な例といったものをご紹介しました。

不倫という関係は、特に配偶者にとっては気分が悪く決して認めることができないかもしれません。

しかし、それが精神的なものに限定されているなら、そういう関係もありなのかもしれません。

気持ちが通じているだけで、プラトニックな不倫というのであれば、このようなことは、けっこう皆が経験しているものなのかもしれませんね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク