気になる人を誘う頻度5つ

今、気になる人はいますか?
気になる人がいるとその人と仲良くなる為にはどうすればいいか考えてしまいます。

話しかけたり、連絡を頻繁に取ったりと様々ですが、一番いいのが一緒に出掛ける事ではないでしょうか。

一緒に出掛ける事によって会話以外にも、行動や仕草を見る事でお互いをより理解する事が出来ます。
しかし、気になる人をいざ誘ってみようと考えた時に誘って断られてしまうのは怖いですよね。

気になる人を誘う頻度を読んで気になる人を誘う頻度はどの程度がいいのか見てみましょう。

スポンサーリンク


気になる人を誘う頻度

 

毎日誘い続ける

 
気になる人を誘うのであれば毎日誘い続けましょう。
力押しで行くタイプです。

相手がうんと言うまでしつこく誘い続ける方法です。
こちらは都合が合わなければ、断られ続けますので、根気と断られても落ち込まない強い精神力が必要です。

相手の性格にもよりますが、押しに弱いタイプの相手であればいつかは成功します。
しかし、押しに強いタイプの人だとどんなに誘っても自分が納得しない限り誘いには乗ってきません。

相手の性格を知ったうえで使いましょう。
また、相手の反応を見る事も大切です。

明らかに嫌がっていたり、迷惑そうな表情をしているのであれば違う作戦を考える事です。
一方的にしつこく誘う方法ですから、一歩間違えればしつこい人として見られてしまい、評価が下がってしまいます。

 

連絡の度に誘ってみる

 
連絡を取り合う度に誘ってみましょう。
メールやlienをする度に誘ってみるがいいでしょう。

お互いに連絡のやり取りをしているのであれば、デートの話題を出して誘ってみるといいでしょう。
例えば「今までしたデートで楽しかったデートは?」「デートで行きたい所ある?」等デートの話題を振ってその時にじゃあ今度一緒に行こうよと誘ってみるのです。

その時にOKを貰えれば、その場で具体的な日程を話し合えばそれで完了です。

相手にまだその気が無くはぐらかされてしまった場合でも、その日は一旦身を引きまた次回同じような誘い方をしてみるといいかもしれません。

何よりも大切なのは相手と一緒に出掛けたいと言う気持ちを分かってもらう事です。

スポンサーリンク


周りの人に協力してもらう

 
気になる人を誘う頻度は周りの人に協力してもらいましょう。

こちらは頻度と言うのとは少し違いますが、気になる人と共通の友人、知人がいるのであればその人たちに協力してもらいましょう。

相手が2人で会う事にまだ、抵抗があるのであれば友人、知人を含めたデートを企画するのです。
皆で出かけるのなら行ってもいいと言う人は男女共にあります。

この様に自分一人の力ではどうにも出来ないと思ったなら周りに協力してもらう事も大切です。
初回のデートが2人きりである必要はありません。

複数人でデートをした際にもなるべく気になる人と話す様に心がけ、周りにも気を使ってもらいながら2人の時間を作る事が出来れば大成功と言えるでしょう。

 

学校、仕事の帰り際に誘う

 
気になる人を誘う頻度として学校、仕事の帰り際に誘いましょう。
帰り際に声を掛けて、食事に誘う方法です。

とてもオーソドックスですが、とても効果的です。
相手の予定が分かりませんから、断られる事も多いかもしれません。

しかし、続ける事で相手のアフターファイブの行動が読めます。
こうする事で誘っても大丈夫な日、必ず断られる日がある程度絞り込めるのです。

ある程度絞り込みができたならば、後は比較的成功率が高そうな日を狙って誘い続ける事で成功するでしょう。

こちらも、毎日誘う同様に断られ続ける可能性がありますから、強い精神力が必要となってきます。

スポンサーリンク


休日の予定を聞いてしまう

 
気になる人を誘う頻度として相手の休日の予定を聞いてしまいましょう。
これは、相手を追い詰めて断り辛くする方法です。

どんなに誘っても相手が首を縦に振ってくれない場合、自分に興味が無いと思っていいのですが、それでも諦めきれないのであれば休日の予定を聞くのがいいでしょう。

例えば「今度の休み空いてないなら次の休みは?それもダメなら次は?それでもダメなら・・・」と相手が根負けするまで休みの予定を聞き出すのです。

ただ、この方法たいていの人は嫌がります。
しかし中には稀にこんなに一生懸命誘ってくれるなら1回位なら・・・と乗ってくれる人もいますのであながちバカに出来ない方法なのです。

これで、ダメなら諦めようと思うのであれば1度試してみる価値はあります。
この方法で相手からしつこい人と嫌われてしまうかもしれませんが、元々誘いに乗ってきてくれないのであれば嫌われているのと同じです。

ですからなりふり構わず誘って情熱的な所をアピールしてもいいかもしれません。

 

気になる人を誘うのであれば相手の都合を考える

いかがでしたか?
気になる人を誘う場合、相手も自分に対して悪い印象を持っていなければ大体成功します。
ですから、2,3回誘って断られる様であれば相手は自分に対してあまり良い印象を持っていないと言えるでしょう。

ただ、誘う場合も相手の都合に合わせた誘い方が前提です。
自分都合で誘って断られたからと言ってもそれは脈なしとは言えません。

相手の都合が合わなかっただけの可能性もあるのです。
ですから、誘う側は極力相手の都合を考えて誘う事で断られる要素を少なくする必要があります。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク