恋愛が苦手な女性の特徴9つ

恋愛が苦手な女性には、「そもそも男性が苦手」というわかりやすい特徴もあります。

しかし、全部が全部、男性が苦手だ・・・というわけではありませんので、恋愛が苦手だから男性が苦手という認識は避けたほうがいいでしょう。

そこで今回はあらゆる面から、恋愛が苦手な女性の特徴をご紹介しますので、あなたやあなたの周りの女性に当てはまるようなものがあるかどうか確認しながらぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


恋愛が苦手な女性

 

自分に自信がない

 

自分の容姿や魅力に自信がないと、好きな男性ができてもどうせ恋がうまくいくことはないだろうと思ってしまい、

恋愛することを避けてしまいがちになります。

また、好きな人ができてもずっと片想いでいいなど、

消極的になってしまうことが多いです。

そして好きな男性に彼女ができて傷つくのが怖いので、最初から恋愛はしないように自分の気持ちをガードしてしまうこともあります。

また、おしゃれをしたり、女性らしい事が苦手な場合も恋愛が苦手になってしまいがちです。

特にかわいい女友達がいると自分と友達を比較して自分を低く見てしまうので、それがそのまま恋愛の自信にもつながってしまいがちです。

    

妄想好き

 

現実の恋愛よりも、少女マンガの中での恋愛やドラマの中での恋愛に夢中になってしまい、

現実の恋愛はというとまったく行動的になれない女性は多いです。

また、妄想で充分恋愛に関することは満足してしまっているため、異性との交流は望まない人もいます。

現実的な恋愛となると会話にも気を使いますし、相手のことも気遣いながら行動しなければなりませんから、

自分本位で楽しめるといった意味でも、妄想好きで実際の恋愛は苦手だという人はいます。

スポンサーリンク


異性と話すのが恥ずかしい

 
異性に興味がないのではなく、ただ単に恥ずかしいから恋愛が苦手だという人は少なくありません。

特に今はSNSでたくさんの人と交流はできますが、実際に会わなくても気軽な会話が成立してしまうため、面と向かって話をするのが苦手だという人は増えています。

ネット上では自然に話せても、恋愛対象として付き合うとなると恥ずかしくて消極的になってしまう人は少なくないでしょう。

また、顔がすぐに赤くなってしまったり話をすることが苦手な人は会うとそのことが相手にすぐにばれてしまうため恥ずかしい思いをすることになります。

ですから、異性と話すのが恥ずかしいから恋愛が苦手だという人も多いでしょう。
 

人見知りする女性

 
人見知りをする女性は、男性はもちろん、人自体が苦手なので、誰かと深く関わっていく恋愛をするのは、苦手に感じてしまいます。

恋愛に憧れがないわけではないのですが、男性と接する際に意識しすぎてしまい、ぎこちなくなってしまったり、疲労感を感じて恋愛や男性に対して苦手意識を持ってしまうのです。

自分らしくリラックスして振る舞えないので、人見知りをする女性にとっては、恋愛は常に緊張状態を強いられる落ちつかない状態と言えるでしょう。

人見知りをする女性が恋愛をするには、少しずつ相手と接するようにして、徐々に慣れていくのが良い方法なのです。
 

理想が高い女性

 
恋愛が苦手な女性の特徴として、理想が高いという特徴があります。

自分なりの理想があるので、その理想からはずれるような相手は、頭から対象外となってしまうのです。

本当は、よく知り合っていけば良いところが沢山ある男性でも、理想と違う男性は受け入れるのが難しいので、みすみすチャンスを逃しているようなものなのです。

そういう理想が高い女性は、相手の事を判断する際に、どうしても悪い点に目がいきがちです。

人は良いところも悪いところもありますが、悪いところばかり気になり、相手に対して否定的になってしまうのです。そのため、恋愛も苦手に感じてしまいやすくなるのです。

自分の理想とは違う男性でも、その人なりの良いところを認めてあげる事で、恋愛につながっていく事がたできるでしょう。

スポンサーリンク


人に甘えるのが苦手な女性

 
恋愛関係というのは、お互いに弱いところや性格の悪いところを見せあう事でもあります。

人に対して甘えたり頼ったりする事が苦手な女性は、自分の弱いところを相手の男性に見せるのが苦痛に感じて、恋愛関係を築いていきにくく、恋愛が苦手になってしまいます。

自分の色々な面を見せて相手に自分の事を分かってもらえるのは、自分の良き理解者になってくれるという事です。

相手に上手に頼ったり甘えたりして、良い関係を作っていけたら、きっと恋愛に対する苦手意識もなくなる事でしょう。
 

孤独を好む

 
孤独を好むというのも特徴の一つです。

男性には関心があり、恋愛に対して意欲がないわけでもない。けれど、恋愛は苦手、という女性には、孤独癖のある人が少なくありません。たとえ男性とつきあっていても、自分ひとりの時間を最優先させたいと考えますから、当然、恋愛に積極的になれないのです。

「彼といっしょに過ごすのは楽しいし、貴重な時間だ」と感じても、その時間がある程度の長さになると、どうしても「ひとりになりたい」と考えてしまう。

これでは、なかなか相手の男性を満足させることはできないでしょう。結果として、「恋愛が苦手」ということになるのです。
 

めんどくさがり

 
そして、めんどくさがりという特徴もあります。

恋愛というのは、「まめ」でなければうまくいきません。

メールやLINE(ライン)のやりとりもそうですし、誕生日やクリスマスにプレゼントを用意したり、いっしょの旅行プランを考えたりと、心身両面でかなり「忙しい」のが恋愛というもの。

お互いが「まめ」であればあるほど上手くいく、という側面が恋愛にはあるのです。

ですから、性格的にめんどくさがりの女性は恋愛に向いていません。

たとえ、男性とつきあうチャンスは少なくなくても、恋愛関係になれば、すぐに「めんどくさい」という気持ちが先にたってしまう、あるいは、「恋愛はめんどくさいもの」という意識を持っていて、そのために恋愛に消極的になるということもあります。

スポンサーリンク


浮気性で、すぐ目移りする

 
もう1つの特徴は「浮気性」です。

「浮気性ぐらいのモチベーションがあれば、恋愛はむしろ『得意』なのでは」と、意外に思われる人も少なくないでしょう。しかし、浮気性だからこそ恋愛が苦手、ということも実際にあるのです。

「常に複数の男性に目が行ってしまう」、あるいは「つきあっている男性がいても、ほかの男性に恋愛感情を持つことがある」のが、浮気性の女性です。

つまり、一人の男性を愛して、それで満足することがないのです。ですから、上手に長続きする恋愛をすることはできません。

恋愛経験はいくら豊富でも、けっして「恋愛が得意」ということにはならないのです。

本人もそれを自覚しているケースが多いので、「今度の彼氏とも、また短期間で別れることになるだろう」と予想して、恋愛をスタートさせます。これが恋愛が苦手な女性の意外な特徴です。
 

恋愛が苦手な女性の克服方法

 

男性と接する機会をもってみる

 
恋愛が苦手な女性は、男性に慣れることから始めてみましょう。

恋愛に対して苦手意識を持っている女性は、男性に接したときに極度に緊張しやすくなっています。

男性と顔を合わせたときに赤面してしまったり、緊張のあまりうまく話すことができないでいると、それをきっかけに恋愛に対して奥手になってしまうのです。

女性しかいない家庭で育ってきたり、女子高など男性とあまり接する機会がなかった人はこの特徴を強く持っています。

男性に対する苦手意識を強く持っている人は、日常生活の中で男性と慣れていくしかありません。

職場に男性がいる人は、会話に加わるようにし、少しずつ慣れていけば恋愛に対しての興味を持てるようになるでしょう。

また、職場が女性ばかりの人は、男性店員が接客してくれるお店に出かけてみることで無理なく慣らすことができます。

コンビニなどでは、男性店員がレジを打ってくれることも多くなっています。

恋愛に苦手意識を持っている女性は、男性店員が多いコンビニやお店を積極的に利用していくことで、男性に対しての苦手意識を克服することができるでしょう。

スポンサーリンク


ジムやサークルに入ってみる

 
緊張のあまり、男性とお付き合いすることができない人は、スポーツジムに通ったりサークルに入ってみましょう。

恋愛に興味があるものの、男性に対する苦手意識や恥ずかしさから一歩進むことができない人は、スポーツをうまく利用してみるのがおすすめです。

まず、体を動かしていると、顔が赤くなったり汗をかいてきます。

男性と接するときに赤面してしまう方でも、スポーツをしていれば顔の状態も気になりません。

体を動かせば、顔も赤くなり汗ばむのが当たり前になるからです。

スポーツを行いながら男性と会話を楽しむことにより、気になる赤面症や汗ばみの悩みも解消しやすくなってきます。

また、男性と接するときに言葉をうまく話せないという人も、スポーツしながら交流を深めることでその状態が気にならなくなってきます。

運動すれば、心拍数も上昇し息が荒い状態になるので、言葉をうまく話せなくてもだれも変に思いません。

このように、体を動かすジムやサークルに入会すれば、恋愛に対して苦手に思っている女性でも簡単に恋人を作れるようになるのです。

体を動かせば、スタイルもよくなり心も健康に保てるようになり、男性から声をかけてもらえるでしょう。
 

感情を出す練習をする

 
恋愛に苦手意識を持っている女性の中には、感情を揺さぶられたくないと思っている方も存在しています。

恋愛は、楽しい半面で嫉妬したり相手の気持ちを疑ったりと感情もめまぐるしく変わってきます。

あまり感情を出すことなく生活したいと考えている女性だと、とても面倒に感じてしまうでしょう。

ただし、いつまでも面倒だと思い続けていると、彼氏を作るタイミングを逃してしまいます。

感情の出し方があまり上手ではない女性は、身近な家族で感情を出す練習を行ってみましょう。

今まで、家族とも理性的な関係を保ってきた女性は、いきなり恋愛を始めるのではなく家族との感情の交流を行う必要があります。

今日あったことを淡々と話すのではなく、うれしかったこと、悲しかったこと、嫌だったことなどその時感じたことをそのまま出してみるとよいです。

自分の気持ちを出すことで、恋愛に必要な感情を身近に感じることができるようになってきます。

家族と疎遠な人は、親しい友人に対して感情を出しながら話してみましょう。

自分の気持ちと向き合うことに慣れれば、恋愛にも積極的になれるはずです。
 

恋愛に苦手意識がある女の子はわかりやすい

 
いかがでしょうか。

今回は恋愛が苦手な女性の特徴について、お伝えしました。

これらの特徴が当てはまるようであれば、まずそれを受け入れることから始めましょう。

原因がはっきりしている場合と、そうでない場合を比較すると、いざ克服したいときには方法もやり方もまるっきり変わってきます。

そして、自分を理解することにもつながりますし、あなたにピッタリの恋愛ができるようにもなるでしょう。

恋愛に対する苦手意識を取り払って、素敵な恋愛ができるようにしましょうね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク