二重になる方法7つ

一重まぶたというのは目が小さく見えて、目つきが悪く見えてしまうことも少なくありません。

ぱっちり二重のまぶたというのは、目が大きく顔が小さく見えて魅力的ですよね。

「どうしても二重にしたいけれど、整形するのは勇気がいる。」

そんなジレンマを抱えている人は多いのではないでしょうか。

できることであれば、自力で二重まぶたになりたいものですよね。

そこで今回は、整形しないで二重になる方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク


二重になる方法

 

一重と二重の構造の違い

 

一重というのは、まぶたの脂肪があついため、目を開いた時に折りたたまれない構造になっています。

皮膚が厚くてしわができにくい肌質の人が多く、まぶたが腫れぼったい印象になってしまいがちです。

二重を作る上で重要になるのは、まぶたの脂肪です。

まぶたに脂肪が多いと構造上二重になりずらく、整形でもまぶたの脂肪を抽出することもあるほどです。

そこで、まぶたのむくみを取ったり、脂肪を燃焼することで二重になりやすいまぶたを作っていきます。

 

まぶたの脂肪を燃焼する方法

 

まぶたは温めたりマッサージをすることで、効果的に余分な脂肪を燃焼することができます。

眉をつり上げて瞬きをした際にまぶたにくぼみができるようになるのです。

まぶたの余分な脂肪が燃焼すると、二重ができやすい状態となります。

スポンサーリンク


まぶたを温める

 

蒸しタオルを5分~10分ずつまぶたの上にのせて目の周りを温めるようにしましょう。

温度は体温より少し熱いくらいの40度前後が効果的です。

また、ドラッグストアなどで取り扱っている、ホットアイマスクを活用するのも効果的です。

 

目の周りの代謝を上げるマッサージ

 

温めるのと並行して、マッサージをすることでも血流を促進して脂肪の燃焼効果を高めることができます。

まず眉間のすぐ下、骨が少し落ち込んでいるところに親指を当て、1分間押しましょう。

気持ちいいと感じる程度の力で押さえつけるように圧力をかけるのがポイントです。

このマッサージは脂肪燃焼効果の他にも、眼精疲労にも効果が期待できます。

続いて、人差し指と中指の2本指で、眉毛の下をなぞるように中央からこめかみに向けてなぞりましょう。

こちらも1分程度行います。

眼球に圧力が加わらないように注意してください。

この方法ではまぶたのリンパ液の流れを促し溜まった余分な脂肪を押し流してやることにより、まぶたをすっきりさせます。

お風呂上りや、シャワーのあと等、血行の良いときが効果的です。

それができなければ、顔をお湯で洗い、顔全体の皮膚をやわらかくします。

そして乾いたタオルで、顔についた水分を叩いてふき取ります。

そのあと、クレンジングオイル等で顔全体をマッサージしてください。

顔全体のマッサージが終わったら、

①まずは目頭側に下から人差し指を添えます。(右目の場合は右手の人差し指)

そして人差し指の腹を使って、まぶたを目頭から目尻にかけて少し強めになぞります。
(あまり強すぎると、目がチカチカするので注意してください)

人差し指が、目尻にきたら、人差し指をそのまま止めておきます。

②次は、同じ手の中指を、人差し指と同じようにまぶたの目頭から目尻までゆっくりとなぞります。

そうすると、目尻側にある人差し指と中指が揃いますので、二本の指でなぞって移動してきたまぶたの脂肪を、こめかみに流すような意識で一気に目尻 側に流してやります。

③この動作を、片目ずつそれぞれ10回ほど繰り返してください。

出典 簡単に目を大きくするマッサージ方法

スポンサーリンク


目の周りの筋肉を鍛える

 

目のまわりの筋肉を鍛えることで、まぶたの余分な脂肪を燃焼することができます。

簡単に目の周りの筋肉を鍛える方法として効果的なのが、普段よく見ているパソコンやテレビの高さを上げるという方法です。

長時間見ているものの高さを上げることで、普段よりも自然と上目づかいで見るようになります。

上目づかいで見る事により、まぶたを引きあげる筋肉を自然に鍛えることができるのです。

 

二重のラインをつける

 

麺棒やアメピンの丸い部分などで、こまめに優しくなぞってみてください。

線がついたら目を見開いて上目遣いにしてから目を戻すと、まぶたが線の上にかさばる感じになります。

上目遣いにしながら眼球を左右に動かして、さらに定着させていきます。

これを二重の線がしっかりと定着するまで続けてみてください。

 

二重作りの注意点

 

まぶたは他の皮膚よりも薄く敏感です。

洗顔後にはアイクリームやアイジェルを塗る等、まぶたのケアをしっかりと行うようにしましょう。

また、アイプチはまぶたが荒れてしまう方も多くいるので使わない方がいいかもしれません。

テープや絆創膏を活用するにようにしましょう。

 

二重になる方法を根気よく続ける

 

いかがでしたでしょうか。

以上が、二重になる方法です。

整形なしで二重になるには、まぶたの脂肪を燃焼させること、二重の癖付けを続けることが重要です。

人によって必要な期間は変わって来ますが、この方法で多くの人が自然な二重まぶたを手に入れています。

是非、根気強く続けてみてくださいね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク