一目惚れされたときの対処法6つ

 
あなたはまったく知らない人から一目惚れされたことはあるでしょうか。

多くの人は一目惚れしたとしても、いきなりアプローチするような人はあまりいませんよね。

しかし中には、男女問わずガツガツ攻めてくる人もいます。そんなときほど対応に困るものはありません。

そこで今回は一目惚れされたときの対処法をご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


一目惚れされたとき

 

まずは丁寧に接する

 
相手がどういう人かまだ分からない場合、相手に対しては丁寧に接するという事を心がけましょう。

もしかして相手はとても性格がよかったり、気があう相手だったりするかもしれません。

また逆に性格に問題あり、ヘタに冷たくすると逆ギレするかもしれない相手かもしれないという事もありえます。そういった時に、相手の事をまったく知らないとなると、対処の方法も分かりません。

相手がどういう人か、相手との関係性をどうするか決まるまで、まず丁寧に接して様子をみるというのも大切だといえるでしょう。
 

どうして一目惚れしたのか聞いてみる

 
一目惚れされたと言われた場合、相手にどうして自分の事を気に入って、そして一目惚れしたのか聞いてみるのもいい対処法でしょう。

なぜ一目惚れしたのか?どこで自分を見かけたのか?そういった点をキチンと聞いてみる事によって、相手の事が分かる事もあるのです。

どうして自分に一目惚れしたのかという事を聞いてみる事で、相手が自分を誤解していないか、本来の自分とは違うイメージを持っているかもしれないという事が分かります。

また、どこで自分を知ったのかという事から、生活圏や仕事のエリアが一緒かどうかという事もわかり、相手と付き合うにしても断るにしても、対処の方法を決める大切な情報となります。

それだけではなく、そういった受け答えの様子を見るだけで、相手の性格を伺い知る事になるのです。

相手にどうして自分に一目惚れしたかという事を、ちゃんと聞いてみるという事は、大切な情報を得るための対処法なのです。

スポンサーリンク


断るときははっきりと断る

 

せっかくの出会いですから、もしあなたが相手を気に入ったなら、お付き合いをスタートさせても良いでしょう。

これもまた一つの出会いといえるでしょう。

しかし、もしお付き合いを断る場合は、はっきりと断るという事が必要になります。

ついつい相手にいい顔をしたくてはっきりと言えなくなる事もありますが、それだと相手は混乱してしまい、好きな気持ちが別の気持ちに変わってしまうかもしれません。

余計なトラブルを防ぐためにも、断ると決めたなら、はっきりと断りましょう。ただし、伝え方は丁寧に伝えるという事が大切です。

 

相手が恋愛対象として「あり」だと思った場合

 

その相手に対して「恋愛関係もあり」と感じた場合についてお伝えします。

告白された相手が自分のタイプだったり、そうではないけれど「あり」と思ったなら、素直にその告白を受け入れましょう。

ただし、ポイントがあります。

たとえ自分のタイプの異性であっても、それをあまり強調しすぎないこと。あくまでも相手の告白を受けて、それに応じるという態度を崩さないようにしましょう。

そのほうが、交際をスタートさせてから、精神的に優位に立つことができるのです。

相手は「一目惚れして、思い切って告白したら、意外にもOKしてくれた。うれしい。ありがたい」と感じているわけです。

ですから、その「ありがたい」という気持ちを存続させるために、少し冷めた態度を、最初のうちはとったほうがいいのです。

これは精神的にイニシアティブを握りながら交際をするための、コツだと言えるでしょう。

スポンサーリンク


「なし」だと思った場合

 
もし、告白された相手に対して「とても恋愛感情を抱くことはできない。

恋人としては『なし』だ」と判断したら、はっきり断るようにしましょう。

相手にはかわいそうなように感じるかもしれませんが、あいまいな対応をして、変に気を持たせるよりは、相手に対して親切な対応と言うことができるでしょう。

一目惚れした相手に告白するのですから、相手も「きっとダメだろう」という予想をしているもの。

ですから、はっきり断られたといっても、それほどのショックはないはずです。

そう考えて、率直な断り方をしましょう。

「好きな人がいるから」という理由にすれば、相手を傷つけません。
 

「あり」でも「なし」でもない場合

 
そのいずれでもないケースです。

つまり「特にタイプというわけではないし、急に告白されてもすぐに『つきあおう』という返事はできない。けれど、『絶対に恋愛対象にはなりえない』というわけでもない」ということもあるでしょう。

つまり「可能性はあり」なわけです。

その場合は、「突然の告白でびっくりした。すぐに返事はできないから、少し時間がほしい。しばらくは『友達』としてつきあいたいと思うが、どうか」という返事をするといいでしょう。

少しつきあってみて、「やっぱり、無理」と感じたら、それ以上の関係にしなければいいのですし、もし恋愛感情が芽生えたなら、そこで「友達から恋人へ」、関係を変化させればいいのです。
 

一目惚れされた時の反応は男女で異なる

 
いかがでしょうか。

一目惚れされたときの対処法についてお伝えしましたがせっかくのご縁ですから上手に対処して、良い出会いにつながればいいと思うものですが、現実はなかなかそう上手くもいかないでしょう。

一目惚れされたら、いきなり拒否するのでもなく、いきなり受け入れるのでもなく、まずはメールやLINE(ライン)を交換して、つながりを持つのも面白いかもしれませんね。

そして、主に男性が一目惚れされたときのほうが、女性のときよりも圧倒的にうまくいきやすいものだということもしっかりと覚えておきましょう。

可能性を狭めずに、間口を広げることで素敵な出会いが待っているはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク