くせ毛を直す方法7つ

なぜ毎日毎日、同じ方向にハネるの…?

朝、鏡を見て、自分の頭髪の自由奔放さが嫌になることはありませんか。

忙しい時間帯、スタイリングに手を取られるのも腹立たしいものです。

そんなにセットに気合を入れているわけではなくても、くせ毛をそのままにして出かける人は少ないでしょう。

もし社会人であれば尚更です。

ただ、そのくせ毛、本当にどうしようもないのでしょうか?

もしかすると、ちょっとしたことで改善出来るかも知れません。

そこで今回はくせ毛を直す方法をご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


くせ毛を直す方法

  • くせ毛の原因
  • 日常生活の落とし穴とは
  • ダイエット中のあなたも要注意
  • 正しいシャンプーでくせ毛を直す
  • 髪を保湿してあげる
  • くせ毛の改善法
  • 寝ぐせを手早く直すには

 

くせ毛の原因

地肌がどういう状態だとくせ毛になるのでしょうか。

1.地肌にある髪の毛の通り道が曲がっている
2.地肌にある髪の毛の通り道がギュウギュウに狭くなっている

本来、健康な地肌の髪の毛の通り道はまっすぐです。そして余裕があります。しかし不健康な地肌は・・・髪の毛の通り道が曲がっていたり、ギュウギュウに締め付けられていたりします。すると、通り道が曲がった型に髪の毛が締め付けられ、その型に合うようにキューティクルがはがれ、その型のまま地肌の外に生えていってしまうのです。

出典 くせ毛の原因は地肌です

髪にうねりが出るのがくせ毛です。

うねる原因は、毛穴が歪んでいるか、あるいはその更に下の、毛根が歪んでいるかのどちらか。

そして、うねりには、先天性のものと後天性のものがあります。

先天性はもちろん遺伝ですが、くせ毛に対して、持って生まれた髪質だ、と諦めていませんか?

確かに、明らかに両親どちらかの髪とタイプが同じであれば、疑問の余地もないでしょう。

しかし、髪にうねりが出る原因は、貴方の日常生活にある場合もあるのです。

スポンサーリンク


日常生活の落とし穴とは

 
たとえばシャンプーの際、皮脂や汚れが充分に取れていなければ、毛穴の詰まりとなります。

また、シャンプー・リンス・トリートメント類の添加物も、良く洗い流せていないなら、同じく、毛穴を詰まらせます。

逆に、それを意識するあまり、洗浄力の強い物を使用したり、洗い過ぎたりすると、今度は頭皮が、皮脂を過剰に分泌してしまいます。

そうした詰まりは、毛穴の歪みと同じ事ですので、髪のうねりへと繋がるのです。
 

ダイエット中のあなたも要注意

 
ダイエット中であっても、必要な栄養素は取らなければなりません。

カロリーばかりを気にしていませんか?

髪にも栄養は必要なのです。

そして摂取している栄養が、極端に少なければ、それは末端まで充分に届きません。

皮膚がガサガサ、爪が割れる、あるいは欠ける、髪は…もうお分かりですよね?

細った部分と、本来の太さの部分とで、質が凸凹。

これではうねってしまいます。

ダイエットと同様、不規則な生活をしている人も要注意です。

栄養状態が良くなければ、髪だって、健康に生きていけないのです。

スポンサーリンク


正しいシャンプーでくせ毛を直す

地肌に汚れや皮脂がたまった状態では、生え際に障害物がある状態ですから、いくら髪をまっすぐにしようと思っても、歪みはなかなかとれません。そこで、毎日のシャンプーでは「地肌の汚れをとること」に注目しましょう。

具体的に気をつけたいポイントは以下の3点です。

1.シャンプー前の乾いた髪をコーミングかブラッシングして、あらかじめ汚れを落としておく
2.予洗いは髪を濡らすだけでなく、地肌まで洗う
3.シャンプーとコンディショナーは、どちらもしっかりすすぐ
特に大事にしてほしいのは2番です。予洗いとは言いつつも、本洗いのように丁寧に洗わないと、3番以降でもきちんと汚れが取れることはありません。

出典 自宅で簡単にできる!くせ毛を治す方法
 

髪を保湿してあげる

クセ毛の髪の毛に一番大事なことは保湿です。これを言うとクセ毛の人は「えっ!?」と思うかもしれません。湿度はクセ毛にとっては大的ですから、そのように感じたとしても当たりまえの事です。でもクセ毛の一番の原因は、髪の毛自体に水分が足らないために、クセ毛強くでてしまうんです。

それを防ぐためには、髪の毛にしっかりと水分を与えてあげ、それを苦さないようにすることなんですよ。また髪の毛を油分で包み込む事によって、油分が水をはじいてくれます。ですからドライヤーで髪の毛を乾かす時には、髪の毛に栄養を与えるようなムースやヘアスプレーをしてあげましょう。

出典 くせ毛を直す方法

スポンサーリンク


くせ毛の改善法

 
毛穴の歪みや、毛根の歪み自体をどうこうすることは出来ません。

そのため、即座に、劇的に直そうと思えば、パーマ等で矯正するしかありません。

ただ、そこまででもない…という人には、手軽に試せる改善法があります。

まず、基本的なことですが、毎日のお風呂のあと、髪をしっかりと乾かす、これが一番です。

そして乾かす際、髪を傷めてしまっては本末転倒ですから、ドライヤーの前に、必ずタオルドライをして下さい。

髪全体、次に毛先、タオルで包み込むように、水気を取ります。

決してゴシゴシ拭いてはいけません。

そしてドライヤーですが、あてる際は、最低15cm以上は離しましょう。

一箇所を集中して乾かすのではなく、左右に振りながら風をあてます。

くせの気になる部分は、特に、根本から毛先へ、手グシで伸ばすようにして乾かしていって下さい。

全体をきちんと乾かすだけで、翌朝の髪のまとまりが違ってくるはずです。
 

寝ぐせを手早く直すには

 
元々のくせとは関係なしに、朝起きたら、とんでもない方向に髪がハネていた!ということもあるでしょう。

そういう時、ハネた部分だけに水やスタイリング剤をつけ、何とか直そうとしていませんか?

おそらく、なかなか上手くいかない筈です。

この場合でも、うねりは、実は根本からきているのです。

なので、面倒なようでも一番有効なのは、根本から濡らし、かつ、それをちゃんと乾かすことです。

霧吹きがあれば、それに水を入れ、しっかりと濡らし、数分でも良いので、しばらく置きます。

そして、ドライヤーで、しっかり乾かしましょう。

先にも述べましたが、このとき、きっちりと乾かすことが大事なのです。

もしも寝ぐせが頑固で、手ごわそうなら、水ではなく蒸しタオルを使うのも有効です。

蒸しタオルの作り方は簡単です。

水で濡らして絞ったタオルを、ラップに包み、電子レンジで1分程加熱すれば出来上がり。

あとは同じです。

レンジの設定によって加熱時間は異なりますから、最初は、様子をみながらして下さい。

なお、水はちょっと…でも蒸しタオルも面倒臭い、という人には、ドラッグストアなどで寝ぐせ直し専用ウォーターが売っています。

水よりは早く、髪に浸透するようですので、1分1秒でも短く!という人には、そちらも良いでしょう。
 

くせ毛を改善しよう

 
いかがでしょうか。

毎日のことなので、ついつい面倒になりがちですが、「しっかり乾かす」、これが基本です。

それから、髪のケアについて、「キューティクル」だけ気にしてはいませんか?

髪は3つの層で構成されています。

表面から順に、キューティクル・コルテックス・メジュラ。

実は、うねりに関係するのは、二番目の層、コルテックスなのです。

この層には、水分を吸収しやすいタンパク質、Aコルティックスと、吸収しにくいBコルテックスが存在します。

二つの種類のコルテックスのバランスが50:50のとき、髪は直毛となります。

しかし、そのバランスが崩れると、どちらが優勢か次第で、くせが出ます。

乾けばうねる、あるいは濡れたらうねる、などです

自分がどういった髪質なのか、そこから考え、それを補うような成分のシャンプー類やヘアケア剤を選ぶのも良いでしょう。

末端とはいえ、自分の一部なのです。

内からも外からも栄養を与え、たまには労わってあげませんか。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク