友達が欲しい人がやるべきこと6つ

「困った時に助けてくれる友達がいない」

「仮に結婚できたとして、結婚式に参列してくれる友達がいない」

こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

友達と遊びに行ったり、友達と共に何かを企画したり、時には何かについて真剣に語り合ったり。

困ったときには駆けつけてくれたり、一晩中悩みを聞いてくれたり。

友達の関係から仕事や趣味の世界が広がることも少なくありません。

友達は楽しい人生をいきるために、あらゆるものを運んできてくれる存在といえます。

しかし、最近では友達がいない、友達ができないという悩みを抱えている人が多いです。

友達を作るにはどうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、友達が欲しい人がやるべきことをご紹介します。

スポンサーリンク


友達が欲しい人がやるべきこと

 

自分から挨拶しよう

 

知らない人に話しかけるということは、誰にとっても少なからず抵抗があることでしょう。

しかし、逆に相手から挨拶をしてくれたり話しかけてくれた時、「明るい人だな」「良い人だな」というように、相手に好感を覚えた経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

誰だって自分がやりずらいことを相手からしてもらうと、その人に対して悪い印象はもちません。

まずは、自分から積極的に挨拶をするようにしてみましょう。

笑顔であいさつを続けていれば、周りの人からの印象は間違いなく良くなります。

 

積極性が大事

 

新しい環境に移って付き合う人が変わった場合、最初が肝心になってきます。

複数人の人が集まると、どうしても自然にグループができ上がってしまいます。

グループができあがってしまうと、後からそのグループには入りずらくなってしまうので、グループができあがる前に行動を起こすことが重要になります。

些細な事でもいいので、こちらから積極的に話しかけるのです。

冒頭でもお伝えしたように、自分がやりずらいことをしてもらうと、人は相手に好印象を抱きやすいので、それだけ友達ができる可能性が高まります。

何よりも最初が肝心です。

スポンサーリンク


新しいコミュニティに参加しよう

 

毎日同じサイクルで生活をしていると、なかなか新しい友だちを作るチャンスに恵まれません。

そういった現状を打破するには、交流の輪を広げることが大切です。

今までの経験にない、新しいコミュニティに参加してみましょう。

興味のあることや関心があることをインターネットで検索すれば、必ず関連したコミュニティーが存在します。

そういったコミュニティに思い切って参加してみるのです。

初対面の人であっても、興味のあることに関連するコミュニティーであればお互いに共通言語があるはずです。

共通の趣味をもっている人というのは、お互いに理解できる部分も多いので短期間で友達になるケースも珍しくありません。

自分が楽しいと思うもの、良いと思うものを理解してくれる人が集まるコミュニティーに、積極的に参加してみましょう。

 

初対面の人に話しかける方法

 

いくら自分から話しかけようとしても、「何を話していいかわからない」という人も多いかと思います。

そんな人に覚えておいてもらいたいのが、「たちつてとなかにはいれ」です。

これは、初対面や面識の浅い人とコミュニケーションをはかる際に、効果的な会話ネタの頭文字をとったものです。

た ⇒ 食べ物
ち ⇒ 地域
つ ⇒ 通勤・通学
て ⇒ 天気
と ⇒ 富(景気)
な ⇒ 名前
か ⇒ 体
に ⇒ ニュース
は ⇒ はやり
い ⇒ 異性
れ ⇒ レジャー

このような会話ネタは、初対面の人であっても差し障りのない内容なので、会話のきっかけにするにはもってこいです。

スポンサーリンク


連絡先を交換する

 

話していて「この人とは気が合うかもしれない」と感じたら、連絡先の交換を提案してみましょう。

これも、自分から提案するのはなんとなく気が引ける人が多いので、自分から積極的に提案することが大切です。

連絡先の交換ができたら、あまり間をあけずにコンタクトを取ってみましょう。

近いうちに都合が合いそうなら、比較的時間を取らないような遊びの約束をするのがいいでしょう。

共通の趣味や話題があるのであれば、それに関連することでも効果的です。

メールを送る頻度は人にもよりますので、相手が豆にメールを送るタイプであれば、こちらも頻繁にメールしてみるのがいいでしょう。

 

多様な価値観を受け入れる

 

友達が多い人の特徴は、多くの人の違った価値観を受け入れる受容性があることです。

人は「受け入れてもらえている」と感じる人に好感を抱きます。

逆に、「わかってもらえない」人には興味を示さないのです。

自分と違っていることをはなから否定するのではなくて、「俺はこう思うけど、お前はこうなんだね」という風に、例え意見に違いがあっても相手の意見を尊重することが大切です。

 

友達が欲しい場合、恥ずかしがらないことがポイント

 

いかがでしたでしょうか。

以上が、友達が欲しい人がやるべきことです。
周りの目を気にするあまり、自分から話しかけられない、提案できないというのは少なからず誰にでもあることだと思います。

しかし、自分が思ってる程、周りの人は自分を意識していないというのも事実です。

恥ずかしがらずに積極的に行動することが、友達作りの第一歩です。

是非今回の内容を参考に、新しい友達作りにチャレンジしてみてくださいね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク