LINE(ライン)を既読スルーされたときの対処法9つ

既読スルーされると、誰でも「どうして?」と思い、不快に感じるものでしょう。

不快感は時間が経てば自然に軽減、消滅しますが、「どうして?」という疑問は残ったままです。では、既読スルーされたとき、どう対処したらいいのでしょうか。

そこで今回は既読スルーされたときの対処法をご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


既読スルーされたらどうする

 

たいして重要でない相手の場合は、「そのまま」

 
1つ目は、たいして親しくない、つきあって日が浅い、別にそれほど重要ではないと考える相手のケースです。

そういう相手は、たとえ関係が消滅しても、こちらにとってほとんど失うものはありません。ですから、そのままほったらかしにして、こちらからコンタクトを取ることはやめましょう。

「どうしたのか?」と思い悩んだり、「なんで既読スルーなんかするんだ」とイライラするだけ損です。

どういう理由があるにせよ、既読スルーするような人なのですから、無理してつきあいを求める必要はありません。

そんな人はこちらもスルーして、大切な人とだけつきあうようにしましょう。
 

それほど親密ではないが、大切にしたい相手の場合は、再度送ってみる

 
2つ目のタイプは、それほど親密な関係とはいえないが、仕事やプライベートで大切にしたいと思っている相手、関係を断ち切りたくない相手です。

そういう相手に既読スルーされたら、少し時間を置いて(1日ぐらい)、再度こちらからコンタクトを取ってみましょう。

相手は忙しくてついそのままにしてしまった、ということなのかもしれませんし、特別な事情があったのかもしれません。それを確かめるために、再度送ってみるのです。

ことを荒立てず、関係継続を第一義に考えて、失礼のない文面を考えましょう。

スポンサーリンク


彼氏や彼女、親友の場合は、電話でコンタクトする

 

もう1つが、もっとも親密な相手の場合です。

親友や恋人など、濃密な人間関係が構築されている相手から既読スルーされたら、できるだけ早く、「どうして?」という疑問を解消しなければなりません。

そのためには、メールのやり取りよりも、電話のほうが手っ取り早い方法です。

「どうしたんだろう?」と感じたら、すぐに電話を入れましょう。それでケンカになることはあっても、早く事情を把握したほうがいいのです。

ほんとうの親友や、ほんとうの恋人ならば、それで関係が壊れるようなことはありません。関係が壊れたり、悪化するようなら、こちらが考えるほどには、相手はこちらを重要視していなかったということです。

「ほんとうのう親友、恋人」をほかに見つければいいのです。

 

「相手にも都合がある」と、相手に対して良い想像をするようにする

 

例えば、「来たメッセージは一応読んだけど、忙しくて返事を出せる状況にない」という経験は、誰しもあるのではないでしょうか。

返事の文を考え、実際に送信することって、意外と面倒で手間がかかったりするものです。ましてや、忙しい時は尚更です。

そしてそのまま忘れてしまうということも、人間ですからあり得ることです。

なので、「既読」と付いていても返事がなかった場合は、「きっと返事を出せる状況ではなかったのかもしれない」と、広い心で許してあげると、お互いにラクになります。

スポンサーリンク


「そもそも手軽なコミュニケーションツールだし」と割り切り、返事をあまり期待しない

 
LINEはメールや電話よりも気軽にコミュニケーションを取れる便利さから、ついつい気軽に利用してしまい、相手にも同じ反応を要求してしまいがちです。

でも「どうせ手軽なツールだし、別にそこまで返事に対して神経質になる必要もないのでは」と感じている人もまた多いものです。

LINEに限らずですが、相手が、自分の思っているような反応をするかどうかは相手次第です。

だとしたら、こちらも「返事なんか、あってもなくても別に良い」くらいに割り切って、あまり相手に対して返事を期待しないようにするのも1つの方法です。

なので、あまり重い内容をLINEで送らない方が良いのかもしれませんね。
 

大事な用事であれば、時間を置いてもう1度だけLINEを送ってみる

 
待ち合わせなど、どうしても返事を貰わなければ身動きが取れないという場合がありますね。

そういった場合だけはやはり、返事を貰う必要があります。そんな時は、何時間か時間を置いて、もう1回だけ送ってみましょう。

LINEを送る時間の間隔が空いていないと、もし相手が忙しかった場合、益々返事がもらえなくなります。

また、何度もしつこく送ってしまうと気分を害され、別のトラブルになってしまいます。なので、時間の間隔を空けて、もう1回だけ、相手を責めないようにして送ってみると良いでしょう。
 

とりあえず、1日くらいは黙って待ってみる

 
LINEの返信は、忙しい時などは面倒だと感じてしまう人も多いようです。又、返事を出そう出そうと思っていながら、忘れてしまったというケースも多いですね。

でも、そのことで相手を責めたり、何件もしつこくLINEを送ってしまうやり方は感心しません。

「既読」という表示が出ていたら、「とりあえず読んではくれたらしい」と前向きに考え、1日くらいは何も言わずに待っていることをオススメします。

待つことはつらいかもしれませんが、相手にも事情というものがあるので、そこは広い心で考えてあげましょう。

スポンサーリンク


大切な用事を既読スルーするような相手であれば、今後の付き合いそのものを考え直す

 
LINEメッセージの中には、待ち合わせの確認など、どうしても返事を貰わなければこちらも身動きが取れない、という大事な用事もあります。

他愛無い世間話なら、既読スルーしても許してあげて良いかと考える人もたくさんいることですが、返事をくれないと迷惑な状況であるにも関わらず返事をくれないという相手は、「いい加減な人」と思って割り切った方が良さそうです。

又、そんなことが何回も続いた場合は、今後の付き合いそのものを考え直した方が良いとさえ言えます。
 

LINEをチェックする時間を短くする

 
暇さえあればLINEをチェックする生活に慣れてしまうと、既読スルーを見つけた時、どうしても気分が悪くなり、ネガティブになってしまいます。

なので思い切って、LINEそのものに接する時間を短くするというのも、1つの方法です。

もしかしたら、既読スルーしているその相手も、LINEを1日に何度も見ないタイプの人なのかもしれません。だったらこちらも同じようにしてしまいましょう。

LINEに振り回されない生活というのは、思った以上に気が楽です。

LINEはあくまで手軽なコミュニケーションツールと割り切り、自分の生活全体を奪われないように気をつけると、既読スルーもいつの間にか気にならなくなります。
 

既読スルーする心理や理由を理解する

 
いかがでしょうか。

LINEでのコミュニケーションにどっぷりハマっている人ほど、既読がついた、既読がつかないということにとことこんこだわる傾向があります。

そして既読がついているのに返信がないという既読スルーの状態をなると、とたんに不安になったり、心配になったり、むかついたりする人も少なくないでしょう。

こうして客観的に見てみるといかにLINE(ライン)に振り回されているかが何となく理解できるのではないでしょうか。

相手は相手の生活があり、あなたとまったく同じ時間軸で動いていません。

これは彼氏や彼女でも同じことが言えますし、男性・女性でもいうことができます。

目指すべきは既読スルーされても意識しない状態にすることでしょう。そのためには相手の心理や理由をある程度理解することから始まります。

自己中心的な人ほど、既読スルーや既読無視を気にしがちなので、そのあたりの意識から変えていきましょう。すごく楽になるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク