彼氏へのラブレターの書き方5つ

彼氏へのラブレターの書き方がわからない・・・ということにあなたは悩んでいないでしょうか。

せっかくラブレターを書くのだから、彼氏には喜んでもらいたいですし、下手な文章を書いてガッカリさせたくないというのが本音ですよね。

そこで今回は彼氏へのラブレターの書き方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


彼氏へのラブレターの書き方

 

感謝の気持ちを伝える

 
普段一緒にいると気恥ずかしくてなかなか言えない言葉ってありますよね。

「いつもありがとう」「愛しています」「ずっと一緒にいたい」などといった言葉でしょうか。

これらは文章にすると恥ずかしくないですし、手書きですとラブレターを書いた方の人間性が表れて、もらった彼氏はとても嬉しい気持ちになります。

思い切って、言葉では言えないけれど、手紙なら書けそう。といったあなたのいつもの感謝の気持ちをつづってみてはどうでしょうか。
 

彼氏へのラブレターの書き方はシンプルでいい

 
女子ですと、手紙を書くのにも色ペンを使い分けたり、シール貼ってみたり…ということをするものですよね。

また、手紙の相手が女性なら「かわいい!」と喜んでくれますが、男性でしたら、あまりそこまで目に付かないことが一般的です。

手紙の外観に凝るのだったら、手紙の内容に凝った方が、彼の心には響くものでしょう。

文章を書くのが苦手だから、シールなどで誤魔化したいなんて人もたくさんいることでしょうが、下手な文章でも、あなたの気持ちが素直に書かれているのなら、それで充分だといえます。

シンプルな手紙だからこそ、あなたの気持ちがダイレクトに彼に伝わるのです。

スポンサーリンク


これからもずっと一緒にいたいことを伝える

 
これも、なかなか普段の会話では言えないことですよね。

「これからもずっと一緒にいてね」と一言添えるだけでも彼の心がグッときます。そして、思い切って将来のことも考えている、という内容を織り込んでみるのもいいでしょう。

結婚という話をなかなか自分から切り出せないという人には、手紙で伝えてみるというのもとても効果的な方法の1つです。

「おじいちゃんおばあちゃんになっても手をつないで歩きたいね」とか「最近は一緒に暮らせることが出来たら…とよく妄想してしまいます」といった内容がいいですね。

自分と彼氏の将来を想像した文章を書くのも、手紙なら彼も微笑ましく読んでくれますし、彼もそれをきっかけにあなたとの将来のことを真剣に考えてくれるかもしれません。
 

あなたの気持ちを偽らずにラブレターに込める

この前のデート楽しかったね。今度いつ逢えるのか楽しみだね。いつも思っているよ。好きだよ。貴方の、こんな所が好き。・・・等、素直に思ったありのままの気持ちで。
出典 恋人へのラブレターは何を書けばいいのか?少し急いでいます 質問です。 恋人…

 
彼氏へのラブレターに何を書けばいいのだろうと迷っている人は、おそらく彼氏に喜んでもらいたいという気持ちがとても強いのではないでしょうか。

もちろんせっかくラブレターを書いて彼氏に渡すのであれば、喜んでもらいたいですし、驚いてもらいたいですよね。しかし、それでは相手に本当の気持ちは伝わらず、表面的な内容で終わってしまうでしょう。

あれこれ考えるのをいったんストップして、彼氏との思い出を振り返ってみてください。きっと色々なことを思い出すはずです。その時の場面や、その時に思った感情を紙に記しましょう。

それが心のこもったラブレターになり、結果として彼氏が感動してくれることにつながります。

スポンサーリンク


彼氏へのラブレターの書き方はなんでもいい

さて、では書き方なんですが。ぶっちゃけ文面とかは自分で考えればいいじゃん、と思います。大切なのは、どういった文面か、ではないからです。

書くことが大切なんです。書くことで、自分の気持ちを見つめ直すことができます。日頃忘れていた、相手への感謝や好意を、改めて確認できます。それが大事なんですよ。
出典 ラブレターの書き方と送り方

 
先述でも少しお伝えしましたが、内容はそこまで重要ではありません。お互いの思いが通じ合っていれば、どんなに下手くそなラブレターでも相手には気持ちが間違いなく伝わります。

特に男性はそういう生き物です。

また、とりあえず書いてみるということも非常に大切です。気持ちを紙に書き出すことで、心の整理ができます。

きっと今までモヤモヤすることもあったでしょうし、イライラすることも少なくなかったはずです。ですが、こうして彼氏のためにラブレターを書いていると幸せな気持ちに包まれ、ますます彼氏のことが好きになります。

モヤモヤしたことやイライラしたことなんて些細なことなんだなということに気付くことでしょう。

それに気が付く、改めて彼氏のことが好きなんだなと思うだけでも、彼氏へラブレターを書く意味がありますので、恥ずかしいからという理由でやめてしまうのはすごくもったいないことですので、最後まで書ききりましょう。
 

彼氏へのラブレターの書き方は多種多様

 
いかがでしょうか。

彼氏へのラブレターの書き方は人によって違いますし、カップルの数だけ異なるのが通常です。だからこそあなたの思いをしっかりとラブレターに込めることがとても大切なのです。

簡単な構成として、書き出しは「突然の手紙ごめんね」「びっくりした?」などから始まりラブレターを書く理由を記します。

そしてあんなことやこんなことがあったという思いでを振り返り、今はどんな気持ちなのか、そして今後はどうしたいのかということを書いて文を締めましょう。

書き出し→過去→現在→未来の順番で書いていくと非常に分かりやすくなるので、この流れはぜひ参考にしてみてください。

きっと彼氏も感動して、あなたをもっと思ってくれるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク