兼業主婦のメリットとデメリット5つ

結婚をしたら、専業主婦になろうか、兼業主婦になろうか、と仕事を捨てるべきか続けるべきかと悩んでしまう女性は決して少なくありません。

専業主婦にも、兼業主婦にもそれぞれ良いところがあり、悪いところがあります。

大切なのは、それらを理解して、あなたのライフスタイルに合っているのはどちらなのかと考えることです。

そこで今回は、兼業主婦のメリットとデメリットについてご紹介してきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

そして、家庭に入るか仕事をするべきか、選んでみてもいいでしょう。

スポンサーリンク


兼業主婦のメリットとデメリット

  • 収入アップで余裕のある生活ができるメリット
  • 時間やストレスに追われてしまうデメリット
  • 旦那さんに強く出られるメリット
  • 子作りや子育てに専念できないデメリット
  • 旦那の収入が途絶えた時のメリット

 

収入アップで余裕のある生活ができるメリット

 
今時、男性が必ずしも一家を養える収入を稼いでいるとは限りません。

兼業主婦として働いていると、余裕を持って一軒家を購入できる、良い車に乗れる、外食もできる、自分の好きな物も買える、老後のための貯金もできる、とお金に不自由しません。

旦那が働くことを許さない、もしくは労働のストレスを避けたいから働きたくない、と専業主婦となっている女性は、自分の好きな物を買えない、オシャレができない、旦那が月に○万円内でやりくりをしろと、無理難題を吹っかけてくる、とお金についての悩みを持っています。

兼業主婦ですと、自分で働いたお金を自分の好きにできるために、オシャレにお金を使ったり、自分へのご褒美にとブランド物のバッグを買ったりとメリハリのある生活ができます。

旦那の収入のみに頼っていると、旦那のお金ですのでとやかく言えませんし、もしもの事態を考えると不安がつきまといます。
 

時間やストレスに追われてしまうデメリット

 
働いていると、とにかく時間がありませんし、ストレスも溜まります。

仕事に強いストレスを感じてしまう兼業主婦は、時折専業主婦を見ては羨んでしまいます。

私だって仕事が無ければ自由な生活ができるのに、と。

旦那の収入が少ないために仕方なく兼業主婦として働いている女性ですと、収入の少ない旦那と不仲になり、周囲の専業主婦にも妬みを持つようになってしまいます。

仕事が嫌い、仕事はしたくない、ストレスに弱い、社会性がない、そんな女性は専業主婦になった方が賢明。

朝はいつまでも寝ていたいから、という理由で専業主婦を志望する女性だって多くいるのです。

専業主婦の時間を取るか、兼業主婦のお金を取るか、悩みどころですね。

スポンサーリンク


旦那さんに強く出られるメリット

 
昔の日本女性は旦那さんに頭が上がりませんでした。

理由はなんといっても、旦那さんが働いて食べさせてくれるから。

女性が強くなった今の御時世であっても、旦那さんのみの収入に頼っていると、旦那さんに強く出ることができません。

旦那さんに、女は働かなくていいから良いよな、もっと美味い飯を作れ、おかずを増やせ、と不満をぶつけられると夫婦仲が悪くなります。

兼業主婦であり十分に稼いでいると、旦那は家事に不満をつけることもできないでしょう。

ただし、あまり稼ぎすぎると旦那さんのプライドが折れてしまいます。

女医はもてない、と言いますが一般男性が収入面で上に立つことができないためです。

自立心が強い女性ですと、結婚をしても専業主婦になってしまうと旦那の収入で飼われているペットのようで嫌だ、と働くことを選びます。

働いていると世間体も良く、自尊心が得られます。
 

子作りや子育てに専念できないデメリット

 
仕事を持っていると、子供を作ろうかどうしようか、非常に悩みます。

子供を取るか、仕事を取るか。

もし子供が産まれても仕事をしていると、十分に愛情を注げません。

女性として、子供は産むべきか産まないべきか誰しも一度は頭を悩ませます。

仕事を選んだばかりに子供を持たない一生だった、定年退職後に孫の顔を見ることもできない、老後に介護をしてくれる子供がいない、と子供がいないと年を取ってから後悔をしてしまう人も。

既に子供を持っている兼業主婦であっても、仕事で多忙であるために子供と遊べない、手料理を作ってあげられない、と子供と仕事のバランスを考えてしまいます。

子供を作って幸せな家庭を築きたい、子供の側にいてあげたい、という女性の多くは専業主婦になっています。

スポンサーリンク


旦那の収入が途絶えた時のメリット

 
旦那が突然リストラされた、そんな時に兼業主婦であればまだ生活が維持できますし、不安も大きくありませんが、専業主婦ですと路頭に迷ってしまいます。

旦那に不満がある、旦那が浮気をしている、そんな時だって兼業主婦であれば自分の稼ぎがあるために簡単に離婚に踏み切れますが、専業主婦ですと離婚してしまうと生活ができなくなるために、不満を抱きながらも浮気を我慢しながらも旦那にしがみついて生活を続けなければなりません。

こっそりと旦那が若い女性と浮気をしており、浮気相手と一緒になりたいから妻とは別れる、と言い出す可能性だってあるのです。

それまで旦那の収入で食べていたのに、ぽいっと捨てられてしまえば専業主婦は非常に困ってしまうでしょう。

兼業主婦ならば、こちらから旦那を捨てられるのです。
 

兼業主婦のメリットはやっぱりお金

 
いかがでしょうか。

兼業主婦の最大のメリットがやはりお金です。

デメリットは時間とストレス。

家事、子育て、趣味、自由を取るならば専業主婦を、お金、やりがい、自立、世間体を求めるならば兼業主婦を。

どちらにも幸せ、不幸せはつきものです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク