店員に一目惚れした時のアプローチ方法9つ

店員に一目惚れしたことはありますか?

コンビニ、スーパー等で店員さんに目を奪われてしまう場面は誰にでもあるのではないでしょうか。

大体の人は、一目惚れをしてもその後に何かする訳でもなく「可愛い人だな」「カッコいい人だな」で終わっていませんか?

一目惚れも立派な出会いですから、そこからアクションを起こしてみるのもいいのではないでしょうか。

実際にどうやってアクションを起こすのがいいかを店員に一目惚れした時のアプローチ方法を読んでアプローチしてみませんか?

スポンサーリンク


店員に一目惚れした時のアプローチ方法

 

いきなり連絡交換はNG

 

店員に一目惚れをした時にいきなり連絡先を教えるのは止めましょう。
コンビニで会計中に「あなたの事が気になったので、よかったら連絡ください!」と連絡先を書いた紙を渡すのはほぼ成功しません。

自分の立場で考えてみましょう。
街を歩いていたら突然呼び止められ、知らない人から「あなたの事が前から気になっていました」と連絡先を渡されたらどう思いますか?

怪しい、怖い、気持ち悪いとマイナスなイメージしか持たないでしょう。
相手も同じです。

いきなり、連絡先を渡されても相手の事を知らないのですから、安易に連絡をしようとは考えません。
一目惚れした店員にアプローチするにはいきなり連絡先を渡すのだけは止めましょう。
自分からチャンスを潰してしまう事になります。

 

顔を覚えて貰う

 
それではどうやってアプローチをすればいいか、まずは顔を覚えて貰う事です。
常連さんになる事ですね。

とは言っても、スーパーやコンビニ等人の出入りが激しい場所では顔を覚えて貰うのは至難の業です。

そこで、おススメしたいのが同じ曜日の同じ時間に同じものを買う。
これを実践して見ましょう。

レジ店員に一目惚れした場合接点はレジ打ちをしている短時間です。
初めの内は簡単な会話を意識しましょう。

レジに案内されたら「お願いします」お会計をして貰ったら「ありがとう」これを笑顔で相手の顔を見て行う事です。

これを続けていれば相手にも顔を覚えて貰う事が出来ます。
時間は掛りますが、接している時間が短いので短時で相手に好印象を与えるために挨拶と笑顔は絶対にはずせません。

スポンサーリンク


慣れてきたら店員の名前を呼ぶ

 

慣れてきたら店員の名前を読んでみましょう、名札がついているお店であれば「今日も〇〇さんですね、いつもありがとう」去り際に「〇〇さん頑張ってください」と名前を呼ぶのです。

接客中にお客さんから名前を呼ばれる機会はそうそうありません。

ですから、逆にお客さんから名前を呼ばれるとそれだけで印象に残ります。

このやりとりを何度か続け、店員に顔を覚えられれば向こうから声を掛けてくれる場合もあります。

「いつもご来店ありがとうございます」など少し距離を感じる言い方ですが他のお客さんには言わない言い回しをされれば顔を覚えて貰ったと思っていいでしょう。

 

業務に差支えない程度に会話する

 

顔まで覚えて貰えれば、知り合うキッカケはクリアできました。

次は、相手の警戒心を解きましょう。

店員の業務に差支えが出ない程度に会話する事です。

会話する内容はなんでもいいです。

ただ、長話にならない様に気を付けましょう。

天気の話、お店のおススメ商品の話など短時間で済ます事が大切です。

その短い会話で自分の自己紹介も織り交ぜる事が出来るとベストです。

仕事帰りで寄るのであれば「いつも仕事帰りでここに寄るんだけど、ここで〇〇さんの笑顔見ると疲れが吹っ飛ぶよ」等相手に好意を伝えつつ、自分の仕事も紹介できる言葉を見つけておくといいでしょう。

スポンサーリンク


連絡先を教えよう

 
相手は仕事中ですが、店員と客の立場でも会話が出来るようになって初めて連絡先を教えましょう。

会話が出来る仲であれば少なくとも一目惚れした時よりも店員の警戒心は薄れています。

そして、連絡先も渡す時に「よかったら、連絡ください」では押しが弱いので、「今度日程決めてお昼ごはんでも食べに行きませんか?連絡先渡すので日程合わせて行きましょう」位でいいでしょう。

そして、ポイントはディナーに誘うよりもランチに誘いましょう。
話が出来る関係とは言えプライベートで会うのは初めてとなりますから、夜より昼の方が安心感があります。

デートではなく食事だけして解散するイメージの方がいいですね。

 

「良いお客さん」と思われるようにする

 
店員に一目惚れした時、やってしまいがちなのが、最初から積極的にアプローチするというやり方です。

毎日のように店に通い、一目惚れした店員となんとか会話をしようとして、ムダ話を店頭でしたり、めんどうな注文をしたりするのは、逆効果にしかなりません。

「変なお客さん」とか、「めんどくさい客」などと思われてしまっては、アウトです。

ですから、まずは一目惚れした店員から、「良いお客さん」と思ってもらうための努力をしましょう。

そのために押さえておきたいポイントをいくつか挙げておきます。

不自然でない頻度で店に通うこと、常に明るい笑顔で接すること、身だしなみに細心の注意を払うこと、相手にとって少しでも迷惑になるようなよけいな会話や、特殊な注文は控えること、支払い時などに手間をかけないこと。

これらのことを注意して接するようにすれば、相手に良い印象をもってもらうことができるはず。

すべてはそこからスタートするのです。

スポンサーリンク


店にいる自分と同性の店員と親しくなる

 
そのような点を注意して店に通いながら、店にいる、あなたと同性の店員と親しくなるようにしましょう。

ちょっと意外なやり方かもしれませんが、お目当ての店員といきなり親しくなるより、同性の店員と親しくなった方が、一目惚れの相手に自然に近づくことができるのです。

話しかけやすそうな同性の店員に話しかけ、会話する機会を増やしていきましょう。

店の中なのですから、長話はNG。

ほんの短い会話を繰り返すことによって、少しずつ打ち解けるようにするのです。

相手からも話しかけてくるような関係になれれば、OK。

「今度、飲みに行きません?」という話ができるようになれば大成功ですが、絶対にそこまでの関係にならなければいけないというわけではありません。

「単なる客」ではなく、「親しく話ができるお客さん」になれればそれでいいのです。
 

親しくなった店員に打ち明ける

 
そのような関係になれたら、その店員と店の外で会う機会をもうけましょう。

「飲みに行きません?」というような話になれば、それがベストですが、そうでないケースがほとんどでしょう。

その場合は、「ちょっと頼みたいことがあるんで、時間もらえませんか? 短い時間でいいんで」というように誘いましょう。

「ちょっとお茶する」という程度の、ごく短い時間でいいのです。

そして、そういう場を設けることができたら、一目惚れした店員に対する自分の気持ちを、その人の打ち明けましょう。

ただし、「最初に会ったときに一目惚れした」と言うのはNG。

そのように話してしまうと、相手は「だから自分に近づいたのか。自分を利用しようとしているのか」と思ってしまいます。

そう思われないよう、「何度も店に通ううち、最近、あの人のことが気になるようになって」というように説明するのが、うまいやり方です。

スポンサーリンク


一目惚れした店員を含めた3人で飲食する機会を作ってもらう

 
何度も店に通っているのですから、一目惚れした店員も、あなたとその同性の店員が親しくなっていることに、当然気づいているでしょう。

そこで、次のステップ。

親しくなった同性の店員に頼んで、お目当ての人を含めた3人で飲食する機会を作ってもらいましょう。

もちろん、飲食代はこちらで持ちます。

同性の店員とはすでに親しい関係になっていますし、その店員とお目当ての人は職場の同僚なのですから、3人での飲食の場は悪い雰囲気にはならないはずです。

そこそこ話が盛り上がったら、大成功。

一目惚れした店員との距離はぐっと近づくに違いありません。

この段階までくれば、あとはもう、連絡先を交換してもいいですし、2人でのデートに誘ってもOK。

あえて告白せず、「親しい客と店員」の関係を長く楽しむのもおすすめです。

告白しなくても、自然に関係が発展していく可能性も、けっして小さくありません。
 

店員に一目惚れしても恋愛成就できます

いかがでしたか?

一目惚れは成就しにくいと言われますが、しっかりとした計画を立てれば成功率をあげる事が出来ます。

何度も書きますが、いきなり連絡先を渡すのはNGです。
よっぽど好奇心旺盛な人で無い限りいきなり連絡先を渡されて連絡してくる人はいません。

そして一番大切なのは、店員の仕事を邪魔しない様にアプローチする事と笑顔を忘れない事です。
これが、出来れば店員に好印象を持って貰う事は出来ます。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク