付き合うタイミングと付き合うタイミングを逃す原因8つ

 
付き合うタイミングがわからない・・・。いつ付き合えばいいのか、いつ告白すればいいのかわからない・・・。

このような悩みを抱えている人はどんどん増えています。

付き合うタイミングというのは人によって様々ですし、お互いの環境によって異なるものです。

そこで今回は効果が期待できる付き合うタイミングをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみましょう。

スポンサーリンク


付き合うタイミング

 

三回目のデートのとき

二人きりで3回もデートをするということは、相手の方もあなたのことが好きである可能性が高いです。

告白をするのは、その時が一番です。二人でいるのに、友だち関係からなかなか進展しないと、相手も「やっぱり友だち以上にはなれないのかな」と思ってしまいます。ここらへんで決めてしまいましょう。

出典 付き合うタイミングを逃さない7つのテクニック

 
付き合うタイミングとしては3回目のデートや3ヶ月以内という「3」がキーナンバーになると言われています。

それ以上の期間や回数を重ねてしまうとただも友達という関係が構築されてしまうので付き合うタイミングを完璧にのがしてしまうことでしょう。

もちろん全てのケースに当てはまるわけではありませんが、付き合うのに成功する方法と、しにくい方法だとあなたはどちらを選びたいですか?
 

イベントでタイミングを生み出す

誕生日やクリスマスなど特別な日を、あなたと一緒に過ごしている場合、彼女があなたのことを好きなことは、ほぼ間違いありません。

そういうイベントの時に、思い切って告白するのは付き合うタイミングで一番効果があります。

出典 付き合うタイミングを逃さない7つのテクニック

 
イベントは付き合うタイミングを引き出す最高のキッカケだと言っても過言ではありません。

ずっと好きだったけれど、相手がどう思っているかわからない、二人で遊びに行くけれど付き合っているのかどうかわからない・・・なんて状況の人もいるでしょう。

イベントは2人の雰囲気をググっと近づける効果もありますし、お互いそのことを意識するものです。

二人でイベント事をするのはお互い好きだと感じているはずなので、思いを伝えて付き合いましょう。

スポンサーリンク


付き合うタイミングなんて無い

好きになってから付き合うのが一番理想的ですが学生でないかぎり 一緒にすごす時間も短いですし好きになるっていつから? どこから? どうおもったら?と思うんだったら とりあえず 気に入っていたら付き合います

出典 女性に質問。付き合うタイミング

 

好きになってから付き合うかどうかということですが、意外と女性は、好きかどうかわからないけど、とりあえず付き合ってみるということがよくあります。

男性の性格なんて付き合ってみないとわからないし、理想の男性ばかり追い求めていたら、彼氏のいない時期が長くなってしまうという理由もあります。

出典 付き合うタイミング

 

付き合うタイミングというのは基本的にどちらかが告白して初めてそのキッカケが生まれるものです。

告白された側としては迷っていて付き合ってもいいのかどうか答えが出てないことも少なくありませんよね。

しかし生理的に受け付けない、絶対に付き合いたくないという人以外とは一度積極的に付き合うことをオススメします。

恋愛というのはすればするほど楽しくなるものですし、魅力的になっていきますし、後に活きてきます。

パッと見て恋愛経験が豊富な人と少ない人は何となく区別がつくものです。

やはり魅力的なのは前者ですよね。

だからこそ告白されたらOKをだすのです。言わば告白された日が付き合うタイミングと言ってもいいでしょう。

スポンサーリンク


環境に変化が訪れた時

 

例えば相手が引越しをするとき、車や家など大きな買い物をしたとき、学生であれば進学したとき・・・。

このような環境の変化は、相手の気持ちは期待で満ち溢れているので、告白しても受け入れてもらいやすくなるのです。大きな環境の変化は告白するにはうってつけのタイミングです!

出典 好きな人と付き合える!告白を成功に導く9つの付き合うタイミング

 
人は孤独に弱い生き物です。

新しい環境になるということは今までの関係を1から構築することを暗に表しています。

その不安ははかりしれないでしょう。その気持ちを理解した上で付き合いたいという言葉を伝えてみるのはとても良いタイミングです。

相手も安堵するかもしれませんし、新しい環境で頑張ろう!と思ってもらえるかもしれません。

付き合うタイミングというよりも、思いを伝えるタイミングですが、このチャンスはなるべく逃さないようにしたいところです。
 

付き合うタイミングを逃す原因

 

自分のことばかり優先しているから

 
お互いに好きになって付き合うことに至るには、同じタイミングで付き合うという結論を出すことが大切になります。

そんな中、「仕事が忙しいから」「今は他にやることがあるから」と、自分の都合ばかり優先していては、付き合うタイミングを逃してしまうことになります。

せっかくお互いに気持ちが通じ合い、恋人になれるかもしれないという状況にいるのに、自分のことを優先してしまっては、相手は待たなければならなくなります。

今ある気持ちが明日も続くかという保証はなく、自分の気持ちがあっても相手も同じように思い続けてくれるとは限らないのです。

同じタイミングで好き同士であるということを知れたなら、自分の都合ばかりを優先するのではなく、相手があってこその問題であると意識して、合わせることも必要になってくるのです。

スポンサーリンク


フリーであることが当たり前だと思っているから

 
相手も自分に興味があると思っていると、どこか心に余裕が出来たり、「もうちょっと仲良くなりたい」という気持ちが先行してしまい、慎重に恋愛を発展させようとしてしまいます。

確かにその時相手が自分のことを好きでいるのかもしれませんが、他の人から告白されたり、他に気になる人が出来てしまったら、付き合う可能性が少なくなり、タイミングが掴めなくなってしまうのです。

いつまでも相手がフリーであると思い込んでいると、他から来た積極的な人に奪われてしまうこともあります。

付き合うタイミングを逃している原因は、消極的な姿勢と慎重な行動によるもの。

相手も自分のことが好きだという確信が持てたら、付き合ってからもっと仲良くなるという方法も選択肢に入れてみると良いです。

慎重になりすぎることで、相手の良さに気付いた誰かに取られてしまう可能性があるのです。
 

周りの目を気にしているから

 
付き合う前に、周囲に自分の気持ちを知られることは照れることでもあり、恥ずかしくなることもあるでしょう。

気持ちを悟られたくないという思いや、相手に知られたくないという思いから、周りを優先して思いを否定してしまっていると、付き合うタイミングを逃してしまいます。

「二人ほんとは付き合ってんじゃないの?」とか「○○さんあなたのこと好きだと思うよ」と嬉しいことを言われても「そんなんじゃないし」「あり得ないから」と否定している言葉を、相手が真に受けてしまう可能性があるのです。

付き合いたいのであれば、周囲の目をあまり気にせず、自分たちのタイミングで思いを素直にぶつけること。

そこでプライドや見栄から嘘をついたり、気持ちを否定していては、せっかく付き合えるはずの関係になっていたのに、可能性がゼロになることもあるのです。

スポンサーリンク


相手の言葉や態度から察知することが出来ないから

 
鈍感な人は、付き合うタイミングを逃しがちです。

好きなら「好き」と言葉にして伝えてくれないと分からないという人は、相手の気持ちをくみ取って対応することが出来ない人でもあります。

このような人は、他の人が見れば「それって好意でしょ」「付き合って欲しいってことでしょ」と思えることであっても、自分の中で確信が持てない為に一歩前に進むことが出来ないのです。

告白自体が恥ずかしくてなかなかできないという人や、異性との関わりがあまりなかった人にとって、思いを形にしたり言葉にするということに抵抗を示すもの。

そのため遠回りな言い方になったり態度になることも多く、察知することが出来ない為に、「付き合う」という関係を築けないのです。

「もしかして」と思うことがあったら、「それってどういう意味?」と突っ込んで聞いてみるといいかもしれません。

ただ流すのではなく、深く意味を探ったり、相手の気持ちをくみ取ることが必要になるでしょう。
 

付き合うタイミングを逃さない

 
いかがでしょうか。

こうして見ていくと付き合うタイミングはいくらでもあることに気づくことでしょう。

ただそのタイミングを見て見ぬふりをしているだけに過ぎません。タイミングなんてものは自分でも作り出せるものなので、あとはあなたたちがお互いに対して想い合っているかどうかです。

タイミングはあくまでサブ的な存在として、まずは自ら動いてキッカケを作り出していきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク