男友達とデート

 
男友達とデートするためにはどうすればいいのか、どんな服をきて、どこで遊べばいいのかなど、頭の中であれこれ考えてしまっていませんか?

また、男友達をどうやってデートに刺そうか、男友達にデートに誘われた時にどう断るか。

そんなことも気になってくるものです。

そこで今回は男友達とのデートに役立つトピックをご紹介します。

スポンサーリンク


男友達とのデート

 

男友達とデートする場所

 
男友達とデートする場所に迷っている人はとても多いです。

どこで遊ぶかはその男友達とどうなりたいのかで変わってくるものです。

密かな恋心を抱いているとしたらザ・デートのような定番スポットに行きましょう。

遊園地などはやっぱり楽しいものです。

また、ただ単純に友達と遊ぶのであれば買い物に付き合ってもらうとか、相手の服を選んであげるとか、食事だけで済ませるとかでもいいです。

ノープランで行くと意外とやることがないことに気づいてしまうので、やるべきことを2つ3つ用意しておくと楽しい時間を過ごせるはずです。

基本的にデートというのは終わりよければ全てよしという言葉に通じるものがありますので、相手の好みや趣味に合わせたものを最後にとっておくのも1つ方法ですね。
 

男友達とデートするときの服装

 
男友達とデートする時の服装は彼氏とは違うため少し注意が必要です。

まずセクシーさを出し過ぎないようにしましょう。

相手に好きになってもらいたいという気持ちが全面に表れて、ついセクシーさをアピールしてしまいがちですが、相手は彼氏ではなく、男友達です。

服装というのは相手の印象を決定づけてしまう効果もあるので、「お天気お姉さん系」の服装を心がけましょう。

また、いつもとは違うギャップを服装でみせるのも効果的です。

いつもパンツスタイルなのに、スカートを履いてきたりなどは良い意味でのギャップにつながりやすいので意識しておきましょう。

もちろんヨレヨレ感満載の服や動物の毛だらけの服などを着てこないようにちゃんと確認してからデート先へ向かいましょうね。

スポンサーリンク


男友達とデート中に告白するべきか

 
男友達とデートする時に告白をするかどうか迷っているという人もいるのではないでしょうか。

確かに二人きりで遊びにいくということではシチュエーションもタイミングも最高のように感じられるので、あと必要なのは告白する勇気ぐらいでしょうか。

しかし焦ってはいけません。

もしかしたら相手はあなたのことをただの女友達としか見ていなければ、その告白は失敗する可能性が高いからです。

デートだからと、ウキウキして、勢い余って告白する前に相手の反応などをじっくり確認してみましょう。

そして告白するタイミングはデートの始めや中盤ではなく、最後にするのが鉄板です。

ご想像のとおり途中で告白して失敗したら後味は最悪です。

「どうせ失敗するなら最初のほうで!」なんて考えは捨てて、デートの終わりに伝えましょう。
 

男友達に対するデートの誘い方

 
男友達をデートに誘うのは簡単です。

むしろあれこれ難しく考えてしまうと、自然に誘えなくなるので、次の一言を頭に入れておきましょう。

「行ってみようよ」

これだけです。

例えば何か雑誌を見ている時に、目についたお店や施設、イベントなどで盛り上がることはよくありますよね。

男友達が「いいなー」とか「行ってみたいな」なんてポロッともらしたら「じゃあ行ってみようよ。自分も興味あるし」と言えば十分です。

ポイントは「行ってみようよ」と言えるきっかけ作りをどうするかです。

先ほどお伝えした雑誌でもいいですし、別の友達が◯◯にいってきた話をして伝えてもいいです。

自分から誘うのは難しいということであれば、男友達から誘わせるようにするのもいいですね。

その時は「~に行ってみたいなぁ」なんて男友達に聞こえるようにつぶやきましょう。

人によっては「いいねぇ。今度行こうよ」なんてことになります。

ただし相手が草食系だと誘われることは滅多にないので、その時は自分から誘ってみましょう。

スポンサーリンク


男友達からのデートの断り方

 
いくら男友達だからといっても二人で遊びたくない相手もいることでしょう。

なまじ友達だからこそ気を使って遊びに行ったりするものですが、やっぱり楽しくない・・・というのはオチですよね。

しかしどこかでデートの誘いを断らないといつまでたっても誘ってきますので、なるべく早い段階で決着をつけるべきです。

そして一番大切なのは男友達からのデートの断り方です。

人によっては無視をして相手が諦めるのを待つという方法を選ぶ人もいますが、あまりオススメはできません。

その男友達つながりの友達がいなければ徹底的に無視をしてもいいですが、普通は同じグループだったり、共通の友人が何人かいるものですよね。

そこから無視を決め込んでしまうと、変な噂が流れたり、おかしな空気になったりすることもあり、嫌な気分になってしまいます。

そうならないためには、やはりデートに誘われた時点で「あなたはただの男友達だから二人きりで遊ぶのはNG」ということを伝えて断りましょう。

とはいってもストレートに表現する必要はありません。

「ごめんね。今度はみんなで遊ぼう」「じゃあメンバーが集ったら詳細教えてー」「誰が来るの?」

といった表現で普通の男性は気づきます。

それでも二人きりで誘ってくるKYな男友達には「ごめん、二人きりではあんまり会いたくない」とハッキリ伝えることが大切です。

間違っても「ごめん、ちょっと忙しい」「予定があって」という断り方はやめましょう。

相手に期待を持たせてしまいます。
 

男友達のデートする心理

 
いかがでしょうか。

色々とご紹介してきましたが、最も気になるのは男友達があなたのことをどう思っているのか、ということではないでしょうか。

それが一番わかるのはあなたです。

最後にご紹介したように、興味がない友達から二人きりで誘われてもやはり遊びたくはないですし、つまらなければなるべく早く帰りたいものです。

それは男性も同じです。

つまり二人でデートすることが決まれば、それだけで脈ありだと考えることができますが、人によってはそれが当たり前だということもあります。

相手のキャラクターが遊び人のようでなければ、自信をもってデートに望みましょう。

もしチャラチャラしたキャラクターであれば、デートの時に判断しましょう。

良い雰囲気になると、何となくイケるかなとか、良い感じだなと感じ取ることができますよね。

頭で考えるのではなく、そういうときこそ自分の直感を信じてみましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク