本当に優しい人の特徴6つ

私たちの周りには、いわゆる( 人気者 )と呼ばれるような人もいます。

このような( 人気者 )は、常に周りに人が集まり、友達に囲まれていると言う印象があります。

また、人気者の人は、ほとんどの場合では、職場や学校でも、外見も良く、雰囲気も爽やかな( 優しい人 )だと思われていることが多いようです。

しかし、こんな( 人気者 )な人でも、友達や同僚として付き合ううちに、何だか違うと感じたこともありませんか?

例えば、優しいと思っていたのに、意外と冷たいところがあったり、付き合う人を選んだりと、付き合いが長くなると、良い印象が幻滅していくこともあります。

このような見かけだけの( 優しい人 )は、時間が経てば、やはり化けの皮が剥がれてくるようです。

しかし、このような見かけだけの人よりも、本当は優しい人も中にはいます。

あまり目立たないような人でも、実は人格者であり、とても良い人の場合もあるようです。

このような本当に優しい人とは、一体どのような人でしょうか。

スポンサーリンク


本当に優しい人の特徴

 

相手の顔色を見るよりもはっきりと言う

 

まず、( 本当に優しい人 )とは、一体どのような人のことでしょうか。

例えば、気遣いが出来て、誰に対しても優しい言葉を掛けてくれたりする人が真っ先に思い浮かぶこともあるでしょう。

けれど、いくら優しい言葉を掛けてくれても、結局は裏切られたり、後から後悔することもあるのです。

多少はキツイかも知れませんが、その時にはっきりと的確なアドバイスをしてくれた人のほうが、実は( 良い人 )だと言うこともあるのです。

私たちは、人からどのように思われているか、常に他人の顔色を伺いながら過ごしていることも少なくありません。

そのため、物事の真実をはっきりと言わず、ぼかすこともあります。

しかし、本当に相手のことを思い、相手のためになると考える人は、キツイ発言をすることもあります。

その時は険悪な雰囲気になるかも知れませんが、後から考えると、あの人の言ったことは正しかったと、振り返るケースも少なくありません。

 

過度な期待をしない

僕たちは礼儀正しく、人に優しくを大切に日々を生きています。

そんな中、ちょっとでも優しさに欠ける人が現れると、どう感じますか?

「ちょっと常識がなってないんじゃないの!」

もしこのように自分の心が乱れてしまうようであれば、それは本当に優しいとは言えません。

自分が優しくすれば他人も優しくて当然だと、どこかで期待する気持ちが潜んでいるのです。

つまり、

他人の違いを受け入れることのできる人が、本当に優しい人の特徴です。

あなたは、無意識に「自分のルール」に縛られていませんか?

外国人が日本にやってきて、箸の持ち方が変わっていると、

「まあ、外国の人だから仕方ないよね」

と他人との違いを受け入れることができます。

ですが同じ日本人で、箸の持ち方が変わっているといかがでしょう?

「あの人、箸の持ち方がおかしいよ!どんな育ちをしてきたんだろう・・・」

僕たちは同じ日本人だと、ちょっとの違いに敏感になってしまうのです。

これも同じように「日本人は箸の持ち方が正しくあるべき」という期待が潜んでいます。

そんな他人との違いに敏感になってしまっている自分に気づくこと。

そして、

その違いを受け入れることができるのが、本当に優しい人の特徴ではないでしょうか。

出典 本当に優しい人の特徴-「イイ人」とは根本的に違う優しさ

スポンサーリンク


相手の立場で考えて行動する

 

また、( 本当に優しい人 )は、見かけだけの( 優しい人 )に比べると、その場の雰囲気などを感じ取り、相手のために行動することも少なくありません。

例えば、トイレの掃除などでも、嫌がらずに率先して行なう人や、面倒なことでも、快く引き受ける人などもいます。

このような人は、優しいアピールをしなくても、人が嫌なことを引き受けることを当然だと思っているのです。

そのため、相手の立場に立ち、どのようなことをすれば相手のためになるかと言うことを、自然に考えています。

逆に、見かけだけの優しい人は、何事も自分が優先ですので、自分が辛いことなどは、出来るだけ避けようとします。

 

細かい気配りができる

優しい人の特徴は気遣いが出来ます。
相手の様子を見て「今、こうして欲しいんだろうな」と言うのを読み取り自分から声を掛けて行きます。

相手にとってかゆい所に手が届く存在になると、この人は優しい人だと思われるのです。
例えば、友人の表情が暗い時に「どうしたの?表情暗いけど何かあった?」この一言でも十分効果はあるでしょう。

そこで、友人が「実は・・・」と理由を話してくれるかもしれませんし、「何でもないよ放っといて」と言われてもいいのです。

理由を話し始めれば親身になって聞いてあげればいいです。
しかし、放っといてと言われたら素直に触れないで上げましょう。
ここでしつこく聞き出そうとするのはただのお節介です。

優しさのあまりお節介をしてしまうと逆に相手からの印象は悪くなってしまいます。
誰しも触れられたくない事はありますから「何か困ってるならいつでも話してね」位でその会話は打ち切って触れない事もまた優しさなのです。

出典 優しい人の特徴5つ

スポンサーリンク


包容力があり余裕がある

相手のおかした過ちや非をことさら厳しく咎める人は、優しい人とはいえません。たとえばちょっとした遅刻に対して、ねちねち責めるような人と一緒にいても楽しいとは感じられないでしょう。優しい人になりたいのであれば、相手のちょっとした間違いや失敗に、いちいち目くじらを立てるのはやめましょう。

間違いや失敗は誰にでもあるもの、ましてや、相手に全く非がないにも関わらず、起こってしまったアクシデントまで相手のせいにするような人間は、誰からも嫌われてしまいます。心に余裕を持ち、相手を大らかに受け入れる度量を持つと、人に優しくできるようになります。

出典 優しい人を目指すために特徴とメンタルの整え方10条

優しい人を形容するもう一つの言葉が「包容力がある」です。とくに男性の場合、相手の良いところも、悪いところもすべて丸ごと受け入れてくれる人が好まれます。大人の度量を見せ、相手の都合や希望を優先できる人も優しい人の特徴の一つです。要は自分のことを最優先せずに、相手の気持ちを気遣う余裕があるかどうかにかかっています。

出典 優しい人を目指すために特徴とメンタルの整え方10条

 

物を大切に扱っている

ボロボロの物やくたびれた物を所持している人は要注意です。本当に長年愛用しているなら物持ちの良い人ですが、そんなに長く使っているわけでもないのに物が傷んでいるのは扱いが雑な証拠。

その上「捨てない俺って物を大事にしてるよね」と勘違いしていることも。そういう人は、結婚して家のことや嫁に無関心でも「ちゃんと働き毎日家に帰ってくる=家族を大事にしている」という考えの旦那様になる危険性があるので要注意です。

物は大切に扱ってベストな状態で使ってあげることが物のためですし、人はちゃんと向き合って付き合っていってこそ。

物を雑に扱って壊しても、気にもとめずに使い続けている人は、人の心を傷つけても気づかない鈍感な人であるかもしれません。彼の服・靴・鞄など、一度じっくり見てみてはどうでしょうか。

出典 似て非なるもの!本当に優しい男と優しさ勘違い男の見分け方とは

スポンサーリンク


外見が良いからと言って優しいと言う訳では無い

 

よくあるケースとしては、男性や女性でも、外見が良く、雰囲気が優しい場合には、人気があるようです。

また、このような人は、大学などでも、サークルで人気があったり、異性や同姓にもモテモテだったりします。

けれど、このような外見が良い人が優しいと言うイメージは、付き合っていくと、大きく崩れることもあります。

ハンサムな男性や綺麗な女性でも、言動などで平気で人を傷つけたり、相手の外見を見下したりする人もいるようです。

このような見かけだけの人の場合には、おのずと周りの人間も避けるようになり、気がついたら一人ぼっちだということもあるようです。

 

本当に優しい人の特徴

 

・相手の顔色を見るよりもはっきりと言う

・過度な期待をしない

・細かい気配りができる

・包容力があり余裕がある

・物を大切に扱っている

・外見が良いからと言って優しいと言う訳では無い

職場や学校でも、本当に優しい人を見抜くのはなかなか難しいものです。

しかし、自分が人に対して優しいと、自然と廻りにも優しい人が集まるようになります。

また、何でも人のせいにせず、自分の行動を振り返ることで、自分自身も( 優しい人 )になることが出来ます。

そのため、自分自身の行動や言動には、常に責任を持ち、相手の立場に立って考えることが大事です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク