恋愛における男心の本音6つ

女性は男心の本音って気になりませんか?

男性は女性より単純だからわかりやすいと思われがちですが、本当にそうでしょうか?

何でこんなことをするんだろう?何でこんなことを言うのだろうと気になりませんか?

そこには、女性が思いもよらない本音の男心にあるかもしれません。

恋愛における男心の本音を読んで男性の本心を除いてみましょう。

スポンサーリンク


恋愛における男心の本音

 

男性は自分の印象を大切にする

例えば、女性が男性に対して「最近会えないね」と聞いたところ「仕事が忙しいから休日ぐらいはひとりでいたい」と言われたとしましょう。その場合女性は、”それならしょうがないな”と思うかもしれませんが、その言葉の裏には、「お前にかける時間もお金もない」と思っている可能性もあるのです。

表ではそんなことを言いながら、裏で他の女性と遊んでいたり、友達と飲みに行っていたりすることも実際にはよくあることです。

世の男性の多くは、女性を傷つけて自分の印象が悪くなるようなセリフは言わないものなのです。
出典 男の本音を見破る方法!~今こそ、脱「都合のいい女」

 

男性は自分に不利になるようなことは言いません。
自分の立場や周りからの評価を気にするあまり保身に走る男性は多くいます。

自分を犠牲にする場合は本当に大切な人の時にしか犠牲にはしません。
自分が不利な立場に陥った時に自分を守る行動を取ります。

例えば男性の浮気がばれた時に素直に認める人は少ないでしょう。
そして、バレた後も自分の立場をこれ以上落とさない様に言い訳が多くなるのです。

男性はプライドを大切にするのでプライドが傷つく事を非常に恐れています。
プライド自体が男性の尊厳であり存在意義であるのです。

プライドを取り上げられ丸裸にされるともう何もできません。
それ位大切なプライドなのでどんなに惨めな言い訳をしてでも死守しようとするのです。

プライドから来るものですが、女性に横柄な態度を取ったり、カッコいい所を見せようと見栄を張るのも男性特有の行動ではないでしょうか。

スポンサーリンク


女性の第一印象で恋愛対象かを見極める

男性は女性と初対面の時に実は恋愛対象になるかどうかを瞬間的に判断しています。

男性は視覚で女性が自分の好みのタイプかどうかを判断するので、初対面の瞬間に恋愛対象になるかどうかの答えが出ています。
出典 男性心理からわかる好意のサイン

 

男性は出会った瞬間に恋愛対象になるかならないかを判断しています。
女性は外見よりも内面を見て相手を徐々に好きになると言われていますが、男性は逆です。

出会った瞬間にアリかナシかを判断しています。
この恋愛対象になるかどうかと言うのは肉体関係を結びたいか結びたくないかの事です。

一目惚れになりやすいのは女性より男性の方が一目惚れの率は高いでしょう。

ナンパをする男性もまさにこの男心で一目でその女性を恋愛対象として見て声を掛けてきます。
ナンパの場合その瞬間を逃してしまうとその後声を掛けた女性と会える機会はほぼ無くなるので必死に声を掛けるのです。

しかし、初対面で「肉体関係を結びたいです!」なんて言っても断られるのが分かっているので、遠回りですが、女性を褒めて持ち上げて気分を盛り上げて告白するのです。

これは本気の恋愛でも遊びの恋愛でも同じです。
最終的には結ばれたいと考えています。

女性から告白した場合も同様です。
男性がOKをしたと言う事の裏にはこの女性と肉体関係を結んでもいいと考えています。

男性から告白した女性は大切にされやすく、女性から告白した男性は女性に対していい加減になりやすいです。

これは、男性の好みの女性を自分の物にしたら離したくないので大切にしますが、逆の場合は恋愛対象として見れる女性であって好きな女性では無い可能性があるのでいい加減な扱いになりやすいです。

女性から告白した男性全てがそうではないのですがその傾向は強いです。
惚れた弱みと言う言葉はまさに当たっているのです。

スポンサーリンク


結婚を意識した恋愛は重い

 

好きな人と一緒になると、女性は彼との結婚を意識するようになるでしょう。

一緒にずっといたいという気持ちを言葉にした時に、「早く結婚したいね」と軽く言葉にしてしまうかもしれません。

ただ、男性にとっての本音は、恋愛が始まったばかりの段階で、結婚は意識したくないもの。

中には、恋愛はしていたいけど結婚はしたくないと思う男性も多く、「結婚」を意識されただけで、気持ちが冷めてしまう男性もいるのです。

男心としては、単純に好きな人との時間を今共有したいという気持ちで付き合っているケースが多く、女性のように現実や将来までを考えた恋愛は、「重い」だけになってしまうことがあるのです。

心の中で一緒になりたい気持ちがあっても、言うタイミングを見計らったり、男性から言われるまで待つように心掛けると、男性も恋愛を「楽しい」と感じてくれることでしょう。

 

奢られることが当たり前だと思わないでほしい

 

好きな女性に対して、カッコいい所を見せたい、リードしたいと男性は思うものです。

男らしさを出せる一つの場面が、食事や買い物の際に奢ってあげたりプレゼントしてあげたりという方法でしょう。

ただ、男心の本音としては、それだけでカッコいいと思われたり、それが当たり前だと思われてしまうことは嬉しくないことなのです。

奢った時に「いつもありがとう」「たまには私に奢らせて」といった感謝や配慮があればまだ良いものの、「いつものこと」といった態度を見ると、男性はガッカリと同時に、女性の本質を見てしまった気分になります。

また、いつでもお金があるとは限らず、かっこつけたくてもできない日もあり、そこで男性は自分で自分をせめてしまうこともあります。

プライドや女性のために頑張っていることを認めてあげて、そこに感謝や配慮を持つようにしていきましょう。

スポンサーリンク


好きな女性以外の相手をするのは面倒くさい

 

仕事を持っている人であれば、恋愛に費やす時間も限られたものになります。

その中で好きな女性と出会うことは貴重なものであり、そこに自分の時間を費やしたい気持ちになります。

ただ、そこで出会った女性の中には、自分が興味のない女性もいるもの。

その女性からアプローチされたり、デートのお誘いを受けた時には、正直「面倒くさい」と思ってしまうのが男心です。

貴重な時間を相手のために使うとなると、その女性のことが好きであれば問題ないですが、気になってもいない女性の場合は、時間の無駄とすら思ってしまうことがあります。

そのため、女性からお誘いをしても何度か断られてしまったら、「脈がない」と判断して身を引くのも一つの決断です。

いつまでも追っていると、面倒くさいと思われるどころか、拒否される存在になってしまうこともあるのです。

 

仕事と女性は比べる対象ではない

 

よく女性は、仕事の忙しい男性に対して「私と仕事、どっちが大事なの?」といった質問をしてしまうでしょう。

女性の中では「嘘でも私と言って欲しい」という願いが込められているのかもしれませんが、男性は「仕事と女性は比べる対象ではない」というのが本音です。

生活していく上では仕事をしなければいけないこと、大人として常識として仕事をすることは当たり前のこと、と捉えている男性にとってこの質問は、女性に対して「まだ子供だな」と思ったり、「重い存在になりそうだな」と悪いイメージを持ってしまうでしょう。

寂しさや虚しさから自分を見てもらいたい気持ちがあっても、仕事と自分を比較して男性に聞いてしまうのはNGです。

普段頑張っている仕事があるからこそデートができたり、安心して一緒にいることができる。

そこを混同してしまっては、男性にとって重い女性になってしまうのです。

 

恋愛における男心の本音は単純

恋愛における男心の本音いかがでしたか?

やはり男心は女心に比べるとストレートで分かりやすいのかもしれません。

連絡が来ない時は忙しい、機嫌が悪い。
甘えてくる時は、愛情表現、構ってほしいと分かりやすいのですが、だからと言って手玉に取っているつもりでも中には本音を隠して手玉に取られている可能性もあるので、男性の行動や言葉にはどんな本音があるのか常に気にしましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク