焦って結婚して後悔したこと7つ

歳を重ねるごとに結婚に対する焦りがつのっていくものですが、世の中には焦って結婚して後悔している人がとても多いようです。

焦って結婚した人は、どういった部分で後悔することになるのでしょうか?

今回は、焦って結婚して後悔したことをご紹介いたします。

結婚に対して焦燥感を抱いている人は、同じような後悔をしないように是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


焦って結婚して後悔したこと

 

結婚に焦りを感じる年齢とは

 

20代後半になってくると、周りの友達もどんどん結婚して、子供までできたりして段々焦ってしまうという人が多いようです。

20代前半はまだまだ大丈夫と思っていても、30歳を目前にした29歳という年齢が、最も結婚に対して焦りを感じる年齢です。

29歳になると30代を目前にして、自分が置いていかれているような焦りの気持ちを感じてしまうようです。

結婚した友人たちといつまでも仲良くいたいと思ってはいるものの、やはりライフスタイルが違ってくるため、話が合わなくなったり、相談しにくく感じたりと、焦りや不安を感じ始める人が少なくありません。

 

女性の平均結婚年齢も29歳

 

厚生労働省の調べによると、女性の平均結婚年齢は約29歳だそうです。

女性の社会進出が一般的になり、年々晩婚化の傾向にあります。

そういった現代の時代背景もあり、女性の平均結婚年齢は今後更に遅くなっていくと言われています。

20代後半であれば、世間一般的に見てもそこまで焦る必要はないのかもしれません。

スポンサーリンク


正直、もう旦那が嫌いでたまりません

 

それでは、焦って結婚した人がどのようなことで後悔するのかを見ていきましょう。

 

負け犬になりたくないなと思っていた28の時に、猛烈にアタックしてきた夫とよく考えずに結婚してしまった。

男性不妊で子供はできないは、給料は同世代の友人の旦那さんに比べて全然少ないは、 会話も無い冷え切った夫婦関係なのに、たまに夫から話しかけられたと思ったら私への嫌味タラタラ・・・。

出典 「負け犬になりたくない」と焦って結婚してしまったことに後悔

 

相手のことを良く知らずに結婚して後悔するケースは非常に多いです。

「結婚前は優しかったのに、結婚した途端態度が横暴になった」

このような男性の本質的な部分は、お付き合いが浅い場合は中々わかりにくいものです。

ある程度の時間をかけて見極めないと後悔する可能性が非常に高いと言えます。

結婚に焦りを感じていると、結婚=幸せという錯覚に陥ってしまう場合がありますが、そんなものは幻想にすぎません。

「好意」というのはある程度であればどんな人に対しても抱くことができるかと思いますが、結婚となると話は変わってきます。

同じ人と生涯共にくらすというのはやはり並大抵のことではないようですね。

結婚相手は決して焦らずに、慎重に選んだ方が良さそうです。

スポンサーリンク


結婚してみないとわからない

 

結婚しなければよかった、と思うことはあります。

イメージしていた生活とは違うということになるのかもしれませんが、とりあえずこんなはずじゃなかったのに、みたいな気持ちにはなります。

じゃあ、どんなはずだったのか聞かれるとすぐには思い浮かびませんが…。

単純にないものねだりでしかないのかなと思いますがやはり結婚してみないとわからないことというのはあったかなーとは思います。

出典 結婚したことを後悔している人は結構いる?

 

私たちは元々無いものねだりをする性質をもっているということを理解しておいた方がいいかもしれません。

結婚をすることで、今までの人生ががらりと変わって幸せになるなんてことはありません。

どんな生活にもいずれ慣れるものですし、お互いが努力しなければ、どんなパートナーでも必ずマンネリ化してしまうものです。

 

自分の時間がなくなった

 

一般的に、どのような理由で結婚を後悔することが多いのかを見ていきましょう。

まず1つ目に挙げられるのが、「自分1人の時間がなくなった」という後悔です。

子供ができれば自分の時間が無いのはもちろんですが、子供がいなくても彼の相手をしなければいけません。

「たまには1人でのんびりしたい」なんていう時も、家に帰れば必ずパートナーがいるのです。

一人好きな人や自分の時間を大切にしたい人にとっては、それが大きなストレスになってしまうこともあります。

スポンサーリンク


友達からの誘いが減った

 

飲み会の誘いや休日の遊ぶ予定等、既婚女性は遠慮されて中々誘われなくなってしまいます。

友達との交友関係がどんどん希薄になってしまうと嘆く女性は多いです。

付き合う友達は環境によって変わってくるもの。

そういった変化に柔軟に対応できないと、後々後悔することになるかもしれませんね。

 

過去に付き合っていた元彼と結婚したい

 

こちらは結婚に不満を感じている多くの女性が考えていることです。

若い頃は周りからチヤホヤされたり、男性にアプローチされることでついついなびいてしまうことも珍しくありません。

「こんなに自分を好きになってくれるのだから、結婚すれば絶対に幸せになれる」

交際期間も短いまま、相手の本心や本質を知らないままにプロポーズを受けいれて、結婚した途端相手の隠れた正確に気持ちが冷めきってしまう人は多いのです。

結婚前にメールや電話を頻繁にしてきたり優しすぎる人程、結婚後は危ないかもしれません。

そんな結婚相手の受け入れがたい本質を見た時、多くの女性は過去に付き合っていた元彼と結婚したいと思うようです。

別れた原因を振り返って、「今に比べれば別れるほど大した問題じゃなかったな」と後悔するようです。

 

焦って結婚すれば後悔する場合がほとんど

 

いかがでしたでしょうか。

以上が、焦って結婚して後悔したことです。

当然といえば当然ですが、何事も焦って行動すれば良いことなどありません。

その多くが後悔へと続くのです。

特に女性の場合、年齢的な焦りから「今を逃したら10年後後悔するかもしれない」と、深く考えずに軽率な判断をしてしまいがちです。

結婚というのは必ずしも自分を幸せにしてくれるものではありません。

結婚したからといって、パートナーとの愛情が深くなるとは限らないのです。

結婚というのは私たちの人生における一大イベントの1つです。

その後の人生を後悔しないためには、慎重になりすぎるくらいで丁度いいのかもしれませんね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク