ツンデレ男子の特徴6つ

 
あなたの周りにツンデレ男子はいるでしょうか。

ツンデレ男子というのは、その言葉通りのイメージを持たれがちですが、実はそうではない部分もたくさんあるものなのです。

そこで今回はツンデレ男子の特徴をご紹介しますので、あなたの周りの男子と照らし合わせながら確認してみてください。

意外な発見があるはずですよ。

スポンサーリンク


ツンデレ男子とは

 

プライドの高い自信家

 
まず、「プライドの高い自信家」。女性に対しふだんツンツンしている、というのは、逆から見れば「女性に対し、ツンツンできる」ということになります。

普通の男性は、半ば本能的に「女性から好かれたい。少なくても嫌われたくない」と考えるものです。

ですから、女性に対してソフトでやさしい対応をしようとします。

ところが、ツンデレ男子は逆の言動をとる傾向があるのです。それだけ、自分に自信があるということ。

同時に「男は女性に対してデレデレしないものだ」という意識を強く持っていて、「ツンツンしている自分」のことが好き、という心理もあるのです。

ややナルシストの傾向もありますが、それはプライドが高い人間に共通する特徴といえるでしょう。
 

実は少し無理をしている

 
先ほど、男性は「本能的に」女性から好かれたいと考える、ということをお伝えしました。

男性が女性に求愛するのは、ほとんどの動物に共通しています。もちろん人間も例外ではありません。

しかし、ツンデレ男子はあえてその「本能」を隠そうとします。

ツンデレ男子の本性がどこにあるのかと言えば、当然のことながら「デレ」のほうです。

「ツン」はいわば仮面にすぎません。

ふだんは「ツン」の仮面をかぶって女性と接しているれど、その仮面の下には「デレ」の本性が隠されているわけです。

つまり、少し無理して自分を作っている、演出していると言っていいでしょう。

無理をしているからこそ、2人きりになった時、人が変ったような「デレぶり」を発揮するのです。

スポンサーリンク


マザコンの傾向が強い

 

女性と2人きりになると、別人のように甘えたがりになる。これがツンデレ男子の本性です。

ということはつまり、「本当は、女性に甘えることが大好き」だということもできるでしょう。

本質的にフェにミストですし、人一倍女性を愛し、大切にもします。

その根底にあるのが、「女性に包まれたい、守られたい」という願望。これはそのまま、マザコンにもつながる意識です。

ただし、ふだんの言動にマザコンぶりが表れるということは、ほとんどありません。

また、本人の自覚もないと考えていいでしょう。

ツンデレ男子のマザコンは、あくまでもその深層心理に眠っているものなのです。

ですから、ツンデレ男子とつきあった場合、そのマザコンぶりに女性が悩まされる、ということは、きわめて少ないといっていいでしょう。

 

素直ではない

 

ツンデレとは普段は冷静だったり、そっけない態度を取る人が特定の人の前では甘えた態度を取ることを言います。

ツンデレ男子は素直に自分の気持ちを表現することが苦手なので、特に複数の人の目があるような場所では自分の気持ちを抑えがちです。

本当は好きなことでも「好きではない」と言ったり、気になることがあっても「自分には関係ないから」と言ったりします。

食べ物や趣味の話でもストレートに興味や好意を表すことができませんが、

人に対しても素直に好意を表すことができないのが特徴です。

スポンサーリンク


メールやLINE(ライン)に本音が出る

 
ツンデレと呼ばれる人たちは、人目が気になるため他の人がいる場所では素直になることができませんが、他の人の目が気にならない場所では本音を表します。

ツイッターやブログなど、自分のことを直接知らない人に対しては自分を装う必要がないので本心をさらけ出すこともありますし、メールやLINE(ライン)でも見ている人以外の人目が気にならないので本音を出す傾向があります。

ツンデレ男子は自分の態度で相手を傷つけてしまったかもしれない、ということに対しても敏感なのですが、人目があるとフォローができないため他人の視線が気にならないメールには本心が現れます。
 

見た目と性格にギャップがある

 
見た目と性格にギャップがあることも、ツンデレ男子の特徴です。

人は見た目でその人のキャラクターを「優しそう」「怖そう」など予想しますが、ツンデレの人たちは見た目で「怖そう」「冷たそう」という、どちらかというとネガティブなイメージで判断されることが多いものです。

これは素直に感情表現ができないため、周囲に何を考えているのかわかりづらいことや、本人も人目が気になるので感情を抑えがちに行動していることが原因になります。

しかし、感情がないわけではなく表に出にくいだけなので、見た目にはわからなくてもきちんと自分の考えや喜怒哀楽を持っています。

ですから、冷静そうな見た目をしていても、実際の性格は見た目通りではなく、そのギャップの大きいのもツンデレ男子の特徴です。
 

ツンデレ男子の特徴は台詞(セリフ)にも表れる

 
いかがでしょうか。

ツンデレ男子というのは、本当の気持ちを表現するのが下手な人だとも言えるものです。

嫌われているかと思ったら、ただの照れ隠しだった・・・なんてことは日常茶飯事といってもいいでしょう。

では、ツンデレ男子の気持ちを読み取るにはどうすればいいのでしょうか。

最もわかりやすいのが、ツンデレ男子から発せられる言葉であったりセリフです。

態度ではあからさまでも、台詞になってくると、ん?と感じることが多くなるものです。

態度と言葉にギャップがある場合は、なおさらでしょう。なので、ツンデレ男子を見分けるには、態度よりも、セリフから判断することを強くオススメします。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク