眉毛の上手な整え方5つ

ちゃんとした眉毛の整え方を知りたいという人はとても多いものです。

今では、女性だけでなく、男性も眉毛を手入れするようになってしますが、その整え方にはほとんど違いはありません。

しかし、自分の顔に合う眉の形がわからない、左右対称に仕上げることができないなど、眉の整え方に悩んでいる人は少なくありません。

でも、ちょっとしたコツをおさえるだけで、ナチュラルできれいな眉に仕上げることができます。

そこで今回は、基本的な眉毛の整え方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

[adsense]

眉毛の上手な整え方

  • 眉毛を整える時に用意するアイテム
  • まず眉の形を決める
  • 実際に眉毛の形を整える
  • 眉の濃さを整える
  • 眉が足りない人はアイブロウで描き足す

 

眉毛を整える時に用意するアイテム

 
眉を整えるときに使うものは、眉ハサミ、アイブロウブラシ、毛抜き、フェイスシェーバーです。

眉ハサミは毛の長さを整えるのに使います。

刃の先が細いものが使いやすいです。

ただし、刃先がとがっているものはうっかりして皮膚を傷つけてしまうことがあります。

眉ハサミに慣れていない人や心配な人は、刃先が丸くなっているものを使うとよいです。

アイブロウブラシは眉の毛の流れを整えたり、毛を切るときに切りすぎるのを防ぐのに使います。

コームもついているものだと便利です。

ない場合はアイシャドウ用のチップでも代用できます。

毛抜きは眉からはみ出した毛を抜くときに使います。

細い毛もしっかりはさめるものを用意してください。

フェイスシェーバーがない場合は、かみそりでかまいません。

かみそりはフェイス用・眉用を使います。

T字型のかみそりは眉を整えるときには使いにくいので使わないでください。

刃の小さなものが使いやすいです。

[adsense]

整える時は、まず眉の形を決める

小鼻から目尻までの延長線は眉尻までの眉毛の先端が決まります。

小鼻を軸にして目頭と目尻の真っ直ぐなラインが眉毛の理想の位置になります。

眉山の位置は眉頭の3分の2のところが綺麗な眉毛に見えるコツです。

あなたの目を素敵に演出できる眉毛の位置を先に定めておけばあとは簡単です。

出典 【女性の眉毛の整え方】3ステップ簡単手入れ方法はコレ!

似合う眉の形は人それぞれですが、一応、眉の黄金比というものがあります。

これを参考にすると、バランスのよいきれいな眉を作りやすいです。

まず、小鼻と目頭の延長線上に眉頭(眉の始まり)が来るようにします。

アイブロウブラシの柄を小鼻と目頭に当てるとわかりやすいです。

位置が決まったら、アイブロウペンシルやアイライナーで印をつけておいてください。

眉尻は小鼻と目尻の延長線上です。

眉山は眉頭から2/3の位置に来るようにします。

黒目の外側の端の上に眉頭が来ると覚えておくとよいです。

眉の太さは元々の眉の太さを基準に決めるとよいです。

細くしすぎると不自然になります。

また、今は太眉ブームなので眉の太さはあまりいじらない方がよいです。

元の眉が細い人はアイブロウで書き足します。
 

実際に眉毛の形を整える

アウトラインからはみ出した下の部分を眉カットはさみで切って行きましょう。

眉の一本一本が長い場合は、垂れてきて全体の眉毛のデザインを崩してしまいます。眉コームでとかしながら長さをそろえていきましょう。

いじると不自然になりやすいと避けた眉頭も、長さだけカットするのはOKです。

出典 【女性向け】元美容部員が教える眉毛の上手な整え方

目指す眉の形が決まったら、まずアイブロウブラシで眉毛の流れを整えます。

アイブローブラシを寝かせ、眉頭から眉尻に向かって毛の流れにそって整えます。

次に眉からはみ出している毛をフェイスシェーバーで剃ります。

かみそりを使う人は、乳液などで皮膚を保護してから剃りましょう。

ここでは剃りすぎないよう、眉間と眉山の上の産毛のみを剃ります。

理想の眉の形からはみ出している毛は眉ハサミでカットします。

眉頭の上の部分と眉尻の下の部分を主にカットします。

アイブロウブラシやコームで眉毛を軽くおさえながらカットすると切り過ぎを防ぐことができます。

一気に切ろうとせず、一本ずつ切っていくと失敗しません。

最後に眉の下の無駄な毛を毛抜きで抜きます。

アイホールの毛も抜きます。

ここを丁寧に行うと、瞼がぱっと明るい印象になり、アイシャドウも映えます。

細い毛は無理に抜こうとすると皮膚を傷めてしまうので、シェーバーを使います。

[adsense]

眉の濃さを整える

 
人により眉の濃さは違います。

濃いのが気になる人は、薄くしたい場所の毛にアイブロウブラシかコームを当てて、コームからはみ出した毛をハサミでカットします。

一本ずつカットすると切り過ぎを防ぐことができます。

また、鏡でこまめにチェックしながらカットしましょう。
 

眉が足りない人はアイブロウで描き足す

カットして足らなくなった部分は、アイブロウで描き足します。一本一本毛を描くような気持ちで細い線を描いていきましょう。

髪の色と眉の色が違う場合には、足らない部分だけでなく、全体も染めるように描き足していきましょう。

それが難しい場合は、パウダータイプのアイブロウを使うのも、簡単で自然な仕上がりです。

出典 【女性向け】元美容部員が教える眉毛の上手な整え方

眉が細い人や足りない人は、メイクの際にアイブロウで描き足しましょう。

描き足すときは、ペンシルタイプのアイブロウが使いやすいです。

自分の眉毛の色に合ったアイブロウを用意しましょう。

ただし、眉毛が黒いからといって、黒のアイブロウを使うと、眉毛が濃くなりすぎて不自然になります。

ダークブラウンのペンシルがおすすめです。

また、芯のやわらかなアイブロウが使いやすくおすすめです。

眉を描くときは、一本ずつ毛を描き足すようなイメージで行うとよいです。

また、髪をカラーリングしている人は、眉マスカラで眉と髪の色を合わせます。

眉マスカラは眉尻から毛の流れに逆らうようにして、コームを動かします。

最後にアイブロウコートを塗っておくと、アイブロウが一日中落ちません。

アイブロウコートはドラッグストアや百円ショップで購入することができます。
 

自分に合った眉毛の整え方を見つけよう

 
いかがでしょうか。

以上が基本的な眉の整え方です。

人それぞれ似合う眉の形は異なります。

最初のうちは眉カットに失敗はつきものと考え、練習するとよいです。

失敗してもアイブロウでごまかすことができます。

また、前髪で隠す方法もあるので、あまり恐れずにやってみることです。

左右対称に仕上げるコツは、顔全体が映る大きな鏡を使うこと、そして鏡と顔を近づけすぎないことです。

鏡と顔を近づけすぎると、目が整えている眉ばかりにいってしまいがちです。

顔全体を見ながら、眉を整えると、左右対称に仕上げやすいです。

そして、男性・メンズの眉毛の整え方に関しては「かっこいい眉毛の作り方6つ」も参考になります。