ケチな男の特徴・心理・別れ・結婚

あなたの周りにケチな男はいるでしょうか。

ケチな男性には2パターンあり、ケチなことを隠す人と、隠さない人とに分かれます。

隠す人はまだいいのですが、隠さない人と一緒にいたり、付き合うとなるとなかなか大変だと感じることも少なくありません。

そこで今回はケチな男についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


ケチな男

 

ケチな男の特徴や性格

 

お金の使い方にうるさい

 

ケチな男は、彼女や妻に対してもお金の使い方にいちいちうるさいところがあります。

自分がケチケチと節約しているため、一緒にいる相手にもお金の使い方を見直せなどといろいろ言ってくるのです。

ケチな男は生活費を節約しようとがんばります。

ケチな男が嫌うのは無駄に水道や電気を使うことです。

そのために、ケチな男はなるべく家ではこれらを使わないように工夫します。

給湯温度を下げたり、冷暖房器具も使うときは温度を調整します。

そのために、夏は冷房していてもなんとなく暑いし、冬は暖房していてもなんとなく寒いのです。

 

旅先や出張先でお土産を買わない

 

ケチな男は旅行や出張に行ってもそのたびにお土産を買ってきりするようなことはめったにしません。

家族には買うこともありますが、基本的に職場の人に小さなお土産をふるまうということはしたくないと思っています。

付き合いもあるので、しかたないときは、安くてもたくさんお菓子が入っているようなお土産を購入したり、ちょっとでもお得な店で購入するようにします。

ケチな男は人にお金を使うということが好きではなく、ご祝儀やお祝い金を渡すのもとてももったいないと感じてしまうのです。

そのくせに、自分がもらうのはとてもうれしいのです。

スポンサーリンク


タダでもらえるものが大好き

 

ケチな男はタダでもらえるものは大好きです。

無料でもらえる健康食品のサイトやイベントに来場したらもれなく記念グッズがもらえるなど、そういう情報をすばやくキャッチします。

ケチな男は、普段レジャーなどでお金や交通費を使うのをためらってじっとしていることが多いのですが、無料で何かがもらえるイベントなどがあれば、疲れていてもすばやく車を飛ばして出かけるようなところがあります。

また、欲しいものが格安で販売されているお店があるということが分かったときなども、びっくりするぐらいにすばやくそのお店へ向かいます。

 

細かいところに執着する

 

やっぱりムカつくケチな男の特徴や性格は、細かいことにやたらと執着します。

普通の人なら何でもないと思うことを、このケチな男は「これってどうしてこうなったの?」と考え込むのです。

自分のせいでそうなったというのに、ネチネチとそれについて考え、原因について考えるのです。

それがとても鬱陶しく、見ている方はイライラします。

1人で悩み、苦しむのです。

性格が少し暗く、嫉妬深いところもあります。

だから、恋愛をすると、やたらと恋人のやる行動に対して嫉妬し、イライラすることがあります。

説明しても上手く受け止めてくれず、喧嘩ばかりするところもあります。

スポンサーリンク


飽きやすく人のせいにする

 

ケチな男の特徴や性格は、人のせいにすることがあります。

自分がやった失敗を人に擦り付けるのです。

パチンコで負けてしまったら、「お前のせいだ」とか、昨日の番組を観れなかったのも「お前がなかなか電話を切らないからだ」と人のせいにします。

人のせいにすることで、憂さ晴らしをするところがあるのです。

性格は熱っぽく、飽きやすいところもあります。

流行のものに敏感で飛びつくけど、飽きると見向きもしなくなります。

恋愛においても言えることで、タイプの女がいたらしつこくナンパしてものにはするけど、長くは続かないのです。

だから、女性とは浅く付き合い、多くの人と付き合う傾向があります。

 

トレンドに敏感なおしゃれさん

 

ケチな男の特徴や性格は、おしゃれをするのが好きです。

お金はあまりないのだけれど、おしゃれにはとても敏感だから、流行の服を着たいといつも考えています。

でも、トレンドについて熱く語り、人を楽しませることができます。

借金をしてまでもブランドの服を買っては、人からお金を借りることもあるのです。

ケチだからお金がありそうだけど、そのお金は車やギャンブルと大きく使うから、貯金も少ないのです。

日頃はクーポンを使ったり、ポイントを貯めたりして細々と節約はしますが、人があまり買わないようなものにお金を注ぎ込むので、貧乏なのです。

スポンサーリンク


損得が価値観の全てなケチな男

 

ケチな男性は常に損得を考えています。

価値観の全てが他人よりも得をする事なのです。

勿論自分以外の人間ならば家族であろうと恋人であろうと関係ありません。

自分のみが得をする事が喜びの全てなのです。

なのでどんなに大切にしていた家族であろうと恋人であろうとケチな男は何もかも惜しみます。

誕生日やクリスマスなどのイベントの時も、貰う事はしますがプレゼントをする事は無いでしょう。

義理や礼儀よりも自分が得をする事が大事に思って居るのです。

ケチな男かどうかは一緒に食事に行くと見分けが付きやすいです。

ケチな男は食事の席で必ず得をする様にするからです。

明らかに人より多く食べたのにキッチリ割り勘、もしくは多く金額を出して欲しいと言われたら注意です。

 

ケチな男は自分以外の人が得をするのが嫌

 

ケチな男は物や金銭の他も惜しみます。

労力や知識など、具体的な物が減ったり損したりするわけでは無い物も出し惜しみするのです。

基本的にケチな男は他の人が損する事が大好きなのです。

自分以外の人が得をする事は嫌いな事だから避けたいのです。

なので自分が動いたり教えたりする事で避けられる他の人の不幸を救ったりはしません。

大切な家族や恋人であっても誰かが得をするのが嫌なのです。

ケチな男が困った時に助けてあげたのに自分が困った時はケチな男は助けてくれなかった。

そんな事がケチな男と付き合っていると起こり得る事なのです。

スポンサーリンク


タダでは絶対に何もしてくれない

 

もし、ケチな男が何かしてくれたり、奢ってくれるような事があるのなら注意しましょう。

それは必ずと言って良い位に何か下心が企みがあるからです。

ケチな男は決して自分が損をする様な事はしません。

ましてや他の誰かが得をする事など許せないと思う性格なのです。

そんなケチな男が自分から誰かに何かをする様な事があるとしたら、後で見返りを求めるからです。

ケチな男からして貰った事よりもずっと大きな見返りを求められるでしょう。

なるべくならケチな男とはお近づきにならない方が良いのですが、そうも行かないでしょう。

ケチな男には借りを作る様な事は避けて下さい。

 

ケチな彼氏の特徴

 

ケチな彼氏の特徴として旅行は「車で国内」限定

 

ケチな彼氏の行動パターンとしてまず、旅行が挙げられます。

ケチな彼氏は旅行に関して、「お金がかかる旅行なんて、ほんとうはしたくない。だけど彼女が行きたがるから、付き合わざるをえない」と考えています。

ですから、ふだんのデートよりもさらに強く、節約を意識するのです。

当然、海外旅行はNG。国内の、できるだけ近場ですまそうと考えます。旅行で経費が一番かかるのが宿泊代と移動費用。

まず、移動については、列車や飛行機ではなく、より安くすませられるドライブ旅行を選択します。そして、有料道路はできるだけ避け、一般道を利用するのがケチな彼氏の行動パターンです。

また、宿泊先も有名旅館やハイグレードなホテルではなく、廉価な民宿やペンションを選択。さらにドケチな彼氏になると、「車中泊」を提案することさえあります。

スポンサーリンク


誕生日やクリスマスなどのイベントは「家飲み」

 

誕生日やクリスマスなどは、恋愛関係にある二人にとって大変重要なイベントです。

ふつうは「いつもは行かないようなハイグレードな店で食事」というようなプランを考えるでしょう。しかし、ケチな彼氏はこうしたイベントさえ、安上がりにすませようとするのです。

基本は、どちらかの部屋での「家飲み」。ですから、自分の誕生日なら「君の手料理を食べたい」と、要望します。手料理が食べたいのではなく「そのほうが安上がりだから」という理由です。

多くはデリバリーを利用しますが、もっとケチになると、スーパーでお惣菜を買ってきてそれを食べる、というようなびっくり行動をとることもあります。

 

プレゼントはディスカウントショップか格安ネット通販

 

さすがに誕生日やクリスマスのプレゼントを省略することはできません。しかし「恋人どうしのイベントなんて、ムダ」というのが本音です。

ですから、ここでも徹底的に「安上がりの方法」を取ります。デパートなどで購入することはまずありません。ほとんど場合、ディスカウントショップや格安のネット通販を利用するのです。

お店でラッピングしてくれない場合は、自分でやります。ですから、ケチな彼氏には「マメ」という一面があるのです。

「倹約のための努力は惜しまない」、これがケチな彼氏の行動パターンと言っていいでしょう。

スポンサーリンク


ケチな彼氏の特徴としてデート代はきっちり割り勘

 

ケチな彼氏は、金銭に対してびっくりするくらい神経質になります。

基本的に、自分が金銭面で損をすることをしたくないので、綿密な計算をしながら彼女と交際します。従って、ケチな彼氏とデートすると、きっちり割り勘です。

それも1円単位の金額に対してまで、細かく計算するという彼氏もいるくらいです。

そんな彼氏のデート時の必需品は、携帯電話やスマホについている電卓機能です。伝票がテーブルに来たら、即、代金の計算を始めます。

そのような彼氏には、「たまにはデートで奢って貰おう」などという期待は、一切抱かないようにするしかありません。

彼らの中には、「奢る」という概念がないのです。

 

デートの時には、ポイントカードや割引券を使える店を選ぶ

 

ケチな彼氏にデート先の店を選ばせると、自分の持っているポイントカードや割引券を有効活用できる店を選びます。

デートで一時的な出費があったとしても、次回以降、自分が損をしないように計算して、デート先を選ぶのです。

なので、このタイプの彼氏が選ぶデート先は、大体彼の行きつけの店であることが多かったりします。しかも、彼女と一緒であっても、気にせずその店に何度も行きます。

もちろん、目的は割引やポイントです。特に、ポイント○倍という日であれば、何があってもそのポイントカードを使える店を選びたがります。

スポンサーリンク


クリスマスや彼女の誕生日であっても、プレゼントなどの出費を抑えたがる

 

クリスマスや彼女の誕生日など、年に1回しかないようなイベントであっても、ケチな彼氏は出費を抑えたがります。

プレゼントにブランド品など、ケチな彼氏にとっては言語道断の代物です。又、豪華なディナーなども「無駄な出費」としか考えていません。
どんな日であっても、特別な贅沢を彼女にプレゼントしたがらないのが、このタイプの男性です。

基本的に、「他人のために無駄な大金を使いたくない」という発想なので、「たまにはサプライズが欲しい」と期待している彼女とは、残念ながら相性が良くない可能性があります。

 

ケチな彼氏の特徴としていい歳なのにデート代を払わない

 

若いカップルなら割り勘というのもわからなくありませんが、社会人となりある程度の収入があるのに割り勘にする。しかも一円単位での清算をしてきます。

割り切れなければ彼女に一円でも多くなにかに理由をつけて負担させます。

食事に行き彼氏より多く食事代がかかれば、それぞれで支払いをさせます。食事にかかる代金はよくて割り勘で、行く先もお金のかからないファーストフード店やファミリーレストランがメインです。

出かける先もお金のかからない公園、ショッピングモールでのウィンドウショッピングになります。

遠出をすればガソリン代や交通費まで要求してきます。彼女は出かけるための割り勘要員という考えです。

スポンサーリンク


ケチな彼氏の特徴として着ている服がいつも同じ

 

出会うたびに着てくる服が同じかもしくはサイクルさせています、夏冬関係なく同じシャツにパンツの組み合わせです。

寒くなればその上にジャンパーを重ね着をしてくるだけです。

よれよれになろうが、出かける先がどこであろうが同じ服装でTPOというものを考えていません。

デザインやブランドも不明なものが多く、安いが一番という感覚で服を選んでいます。スーツとか着る機会があっても仕事用を着てきます。着れればなんでもいいという考え方です。

 

自分の趣味にはとことんお金をかける

 

自動車やホビー、自分の趣味とすることには出すお金を惜しみません。

自分の収入に見合ったレベルのものを購入するのでなく、背伸びをし過ぎたものを選んでしまいます。車や腕時計高いものを買えば自分のステイタスが上がったと勘違いしています。

もちろん彼女へのプレゼントなど興味を示しません、もしプレゼントをしても自分のほしいものをプレゼントをしてゆくゆくは自分が使おうというプレゼントがほとんどです。

貯金をして購入というのではなく、借金をしてでも購入したいというタイプが多いです。

同じ物をもっていても、ニューモデルや他人が持っていると途端に自分もほしくなり衝動買いします。

 

出掛けたがらない

 

出かけるとどうしてもお金を使うもの。

電車賃、ランチ、お茶、ディナーなどなど・・・出掛ける場所によっては入場料等のその他のお金までかかってきます。

なので、ケチな彼氏はデートでも外には出掛けたがりません。

その費用も多分多くは自分が負担するであろうし、ワリカンは格好が悪いからしたくない・・・と心の中では思っているので「家でDVD見ない?」や「家で手料理作って」と家デートの提案をしてきます。

出掛けることに比べたら、これらのことはDVDを見ながら食べるピザや手料理の材料費を考えても安いものなのです。

家デートもいいですが、たまには外にも行きたいですよね。

そんな時は、お金のかからない公園や近所の散歩、サイクリングなどを提案すると彼氏もそれならと出かけてくれます。

勿論その時は、手作りのお弁当に水筒にお茶を入れて出かけますが、ピクニック気分でたのしいですよ。

スポンサーリンク


割引が好き

 

ケチな彼氏は割引されているものが好きです。

ただ安いもの、ではなく「高かったものが割引されて安くなってるもの」が好きなのです。

デパートのセールや、訳あり品など、もともとの金額が高いものなのですから、同じものを安く買えればもちろん嬉しい訳です。

同じ理由で、夕方のスーパーなどへ行くと、どうしても割引されているものを買いがちです。

一緒にスーパーに買い物に行った時には、同じ商品でも安いものを選ぶように促したり、買いたいものをこっちの方が安いからと変更させられることも。

賞味期限はギリギリであっても、安いことにこだわるのがケチな彼氏の特徴といえます。

 

ケチを強要する

 

ケチな彼氏は、自分以外の家族や彼女がお金を使うことも気になります。

高いものを買おうとしたら「もったいない」古い服を捨てようとしたら「もったいない」と物を大切にするのはいいのですが、あまりにもケチすぎると、周りの人にもケチを強要してどんどん巻き込んでいきます。

食べ物、飲み物、居酒屋で注文するもの、お店選びなど、自分のケチのものさしを他の人にもついつい強要しがちになるので、要注意です。

中にはただケチなだけでなく、環境にやさしい、物を大切に長く使うなどエコの精神にも繋がります。

物を大切に長く使う、すぐ捨てるものを買わないなど、エコの精神は見習いたいですね。

スポンサーリンク


きっちりと割り勘

 

食事をしたときに、1円単位で割り勘をするのは当たり前です。

食事を済ませて、店員さんがお皿をさげてテーブルが綺麗になると、持参している電卓を出してきます。

彼女の手持ちに小銭がなくても大丈夫です。

何故なら、彼は必ず小銭入れにたっぷり入れて持ち歩いているので、「細かいのがないから、後で払うね」という女性の言葉を使わせません。

周りの目が気になるのは彼女だけで、本人はまったく気にせず、精算します。

彼女が周りの目が気になるようでしたら彼女は先に外に出てお会計は彼に任せましょう。

そうすれば、周りの目も気になりにくいです。

 

食べ物もきっちり

 

食事で、1つのメニューをシェアして食べるのも、きっちりと分けます。

カルパッチョのように一枚一枚数えられるのは、食べる前に数えて分けてきます。

綺麗に盛り付けされていようが、関係なく、店員さんに取り皿をもらってすぐに、自分でとりわけます。

知らずに適当に取り分けると、いつまでもしつこく私の方が多かったのでは?と言ってきます。

こんな時は彼氏がすべて取り分けてくれるまで待つ事です。

自分の分だけ取らず相手の分までしっかり取り分けできる素敵な彼氏だと考えましょう。

スポンサーリンク


食べ放題では最後まで

 

食べ放題のランチなどに行くと、たまに時間制限がある時がありますが、

そんな時は時間いっぱいいっぱいまで食事します。

どんなにお腹がいっぱいで食べられなくても、時間が終わるまではお店を出ようとしません。

早くに食事を終えたので、次に出かけようと促しても、まだ時間が残っているという事で、最後まで必ずいます。

予め彼氏がケチで時間いっぱいまでいる事が分かればこちらの食事ペースを時間いっぱいまで食べられる様にペース配分する事をおススメします。

そうすれば、お互い時間いっぱいまで食事を楽しめます。

そんな事が出来ない人は彼に断りを入れて先に出てしまってもいいかもしれません。

 

試食は並んででも必ず

 

あるスーパーで、試食用のお肉を焼いていたので、もらいに行った彼ですが、まだお肉が焼けてないと言われてしまいました。

試食なので、そこであきらめて買物を続けるのが普通ですが、ケチな彼の場合、焼けるまでずっと目の前で待っています。

周りの目線もまったく気にせず、ひたすら焼き上がりを待ちます。

ここまでくると、一緒にいるのが恥ずかしいというより、呆れて何も言いたくなくなります。

もちろん、待って試食をしたものは試食止まりで、買うことはありません。

スポンサーリンク


カードがぎっしり

 

財布にはポイントカードや、クーポンがぎっしりと入ってます。

探すのが大変なほどですが、必ず持ち歩いてます。

こちらが買物をしてポイントカードを持っていなくても、自分のを出してつけてもらってます。

カード作らなければもったいないと説教までしてきます。

 

ケチな彼氏の心理

 

現実主義者

 

ケチであるということは、出ていくお金に対してシビアであるということです。

これは、「常に現実生活をシビアに考えている」とも言えます。

現実生活では、いつ何が起きるかわかりません。

そのため、「リスク回避のためのお金を常にキープしておくために、できるだけ無駄遣いをしない」というのが、ケチな彼氏の考えなのです。

そのため、デートなどがあまりにも質素過ぎて、彼女は不満が募るかもしれません。

しかし、先々のリスクを考えることにおいては右に出る者はいないので、結婚後の生活は安定する傾向が高いと言えます。い

ざという時には、きちんと蓄えをキープしてあるので、困ることがないのです。

 

何かの目的のために、普段は質素にしている

 

「デート代をケチる=私の彼氏はドケチ」と、ついつい決めつけてしまいがちですが、もしかしたら彼には、何か目的があるのかもしれません。

なので、いつものデートでケチるからと言って、「この人はケチだ」と決めつけるのは良くないでしょう。

もしかしたら彼にはどうしても叶えたい夢があって、そのために倹約しているのかもしれません。

又、もしかしたら、彼女にプレゼントを買うために、普段のデートでは倹約しているのかもしれません。

このように、何か目的があってケチをしている、という彼氏も存在しているのです。

スポンサーリンク


純粋に安い物が好き

 

ケチに見える彼氏の中には、決してデート代をケチっているのではなく、「高価な物や高級な店が苦手」という人もいます。

純粋に「安い物や店の方が、気分が落ち着くから好き」というのが彼らの本音なのです。

実は、そのような男性は意外と多いようです。

例えば、女性が喜びそうなオシャレなフレンチなどよりも、その辺の居酒屋が好きという男性。

女性から見たら「ケチ臭い」と思うかもしれませんが、彼らにとってはそれが最高に落ち着く空間なのです。

又、例えば、ブランド物よりも、安くて機能の良い物を選ぶ男性も、このケースに当てはまります。

一見ケチに見えたとしても、純粋に「安い物の方がほっとする」というのが彼らの本音なのです。

 

心配性で、常に金銭的不安を感じている

 

「常に金銭的な不安を感じている」という心理があることも考えることができます。

心配性の男性は、金銭面でも過度な心配をしがち。

将来の生活の不安から、少しでもお金を貯めておきたいと考えます。

20代の若さで老後の心配をする例も、決して少なくありません。

「将来、金銭的に困ることがないよう、今から備えておきたい」という心理から、できるだけお金を使わず、貯蓄に回そうとするのです。

器の小さな男性と言わざるをえませんが、人生のパートナーにするには、堅実で安心できるタイプと考えることもできるでしょう。

スポンサーリンク


万事、計画的に行動しないと気が済まない

 

次に、几帳面な性格から、「万事、計画的に行動しないと気が済まない、そのため、お金もきちんとした計画に基づいて必要なだけ使いたい」という心理があげられます。

このケースでは、本人に「ケチ」という自覚はまったくありません。

あくまでも計画的に、先を読んで行動しているだけなのであって、特にお金に固執しているわけではないのです。

ただ、常に必要最低限のお金しか使わないために、人から見ると「ケチ」ということになるわけです。

このタイプは、「自分は合理的な人間で、金銭面の自己管理もしっかりできている」という自負があり、人から「ケチ」と言われても、まったく恥じるところはありません。

 

とにかくお金が大好き

 

もう1つは「とにかくお金が大好き」という心理です。

この心理を持つ人は、子供のころから貯金することが大好きで、預金通帳の金額を眺めるのが趣味という共通点があります。

つまり、「お金が大好きで、1円でも多く持っていたい。

そのために、できるだけお金を使わないようにしたい」という心理から、結果としてケチな行動をするわけです。

このタイプは、たとえば宝くじで大金を手にしたとしても、ぜいたくはしません。多くの場合、ほとんど預金に回します。

 

ケチな男と結婚するときの注意点

 

家計管理はこちらに任せてもらう

 

ケチな男と結婚するときにもっとも避けたいのは、「家計の財布のひもを彼に握らせる」ということです。

「彼からうるさく口出しされるよりも、家計管理を任せてしまった方がかえって楽」と考える人もいるでしょう。

しかしそれはリスクが高すぎます。

ケチな彼はとにかくできるだけお金を使わないようにしますから、経済的に大変窮屈な生活になり、必要なものすら思うように買えないということになってしまいかねません。

それを避けるためには、どうしてもこちらで家計管理する必要があるのです。

プロポーズされて「YES」と答えたら、できるだけ早いタイミングで、結婚後の家計の話をしましょう。

そしてその段階で、こちらが家計を管理することに了承してもらうのです。

場合によっては、それを結婚の条件にしてもいいでしょう。

 

毎月の最低貯蓄額を決めておく

 

ただ「家計はこちらで管理」と申し出ただけでは、ケチな彼氏は納得しないかもしれません。

彼を納得させるために有効なのは、毎月の貯蓄額を決めておくというやり方。

「二人の収入がこれだけあって、毎月の経費や予備費はこれくらい必要」という計算を二人でして、「残りの中からこれだけの金額は毎月貯蓄する」と決めるのです。

最初からハードルを高くしてしまうと、実際にその金額を貯蓄できないこともありえます。

ケチな彼はできるだけお金を使わに貯蓄に回したいと考えますから、それでは不満が溜まってしまうでしょう。

それを避けるためには、「最低貯蓄額」を決めるのがおすすめ方法。

「最低でもこれだけは貯蓄する」ということを決めて、結婚生活をスタートさせてから、少しずつその額を増やしていくようにすれば、彼も納得してくれるはずです。

スポンサーリンク


彼には多めの小遣いを渡し、自由に使ってもらう

 

ケチな彼には、「小遣い制」にした方がいいでしょう。

また、彼もそれを望むはずです。

ポイントは、できるだけ多めの額を渡すこと。

ケチな彼は「こんなにいらないよ」と言うかもしれません。

そうしたら、「残ったお金は貯金すればいいじゃない。あなた専用の口座にお金を貯めていってよ」と答えましょう。

毎月少額ずつでも自分の口座にお金を入れることで、「お金を貯めたい」という彼の欲求は満足させられるはずです。

自分の小遣いなのですから、彼がどんなにきびしく節約しても、こちらには影響は及びません。

ケチな彼はその蓄えに手をつけようとはしないでしょうから、いざという時に役に立つこともあるでしょう。

お互いに精神的なストレスを溜めることなく、お金を着実に貯める方法です。

 

家計簿のチェックをされることを覚悟

 

ケチな男は家庭に入るとしっかりとお金を管理しようとします。

そのために、家計簿はきちんとつけてという男も多いことでしょう。

もしくは、お金の管理は妻にまかせず自分がするという男もいるでしょう。

一か月に何にどれくらい使ったかということを表やグラフにしてどこに無駄があるのかをきちんとチェックしたりします。

無駄と思われる出費があったら徹底的に削ろうとします。

節約できるところはないのかをよく考えます。

細かい夫なら、妻のちょっとしたおやつ代、ランチや化粧品などにも無駄なのではないかと言ってくることがあるでしょう。

スポンサーリンク


結婚式はストレスになることを覚悟

 

女性なら誰しもあこがれる結婚式。

ウエディングドレスを着て、チャペルでフラワーシャワーの中みんなに祝福される、それが昔からの夢だったという人もいるでしょう。

しかしケチな男と結婚するということは、結婚式の費用も節約してと言われる可能性があります。

もしくは、結婚式などは必要ないと言う男もいるかもしれません。

チャペルで式をするのを夢見ていたのに、地元の神社のほうが安いから神社で挙式になった、ということもあるかもしれません。

ドレスをたくさん着たかったけど、お色直しは必要ないと言われて着たいドレスが着られなかったということもあるかもしれません。

 

子供ができたときは注意

 

ケチな男は、子供ができたときはよりケチになる可能性があります。

どんなに疲れていても、外食はせずに家ですませというかもしれません。

ママでもオシャレをしたいからといって服を買おうとしたら、そんなものを買う余裕はないはずだと言って怒るかもしれません。

子供にはいろいろ習い事もさせたいし、たまにはテーマパークなどにも連れていきたいと思っても、そんなことは家でさせればいい、もっと安くても遊べる場所はあるはずだ、などと言ってきます。

生活が苦しいわけではなくても、ケチな男は子供のためにお金をたくさん使うことは無駄だと考えます。

スポンサーリンク


一人で何でも出来る奥さんでないとケチな男との結婚は厳しい

 

ケチな男と結婚したら苦労する事でしょう。

何を買うにも必ず口出しして反対するのが目に見えます。

専業主婦になったら使えるお金は一円も無くなる可能性が高いのです。

また、ケチな男は自分に必要の無い物は全て無駄な物と判断します。

子供の玩具や子供に流行っている物、奥さんの洋服や化粧品など全部要らない物なのです。

また、労力や手間も惜しむ事が多いのもケチな男の特徴です。

なのでケチな男と結婚を考えているのならば、何でも自分でこなせないと生活は厳しいでしょう。

奥さんに何でもやって貰うのが当たり前。

感謝の気持ちが少ない考え方なのです。

お互いに対等、もしくは旦那さんに頼りたい女性にはケチな男との結婚は厳しいものとなるでしょう。

 

何もかも惜しむケチな男からバレない様に使えるお金を確保しておく

 

ケチな男は生活費や子供の教育費まで惜しみます。

当然、クリスマスや誕生日などのイベントも何もしてくれません。

愛する妻や子供の笑顔よりも節約が大事なのです。

中には家族が病気やケガをした時に病院代さえ惜しむケチな男も居ます。

そんな男と結婚し、家族となったら幸せになる事は難しいでしょう。

自由に動ける独身時代にある程度の貯金をしておかないと結婚後は生活に困るのが目に見えます。

しかし、ケチな男にお金を持っている事がバレてしまうと非常に不利になります。

お金を要求されたり生活費を入れなくなったりする可能性が出て来るでしょう。

決してバレない様に自由に使えるお金を確保しておくべきです。

スポンサーリンク


ケチだから節約家とは限らない

 

ケチだからと言って節約家とは限りません。

家族にお金を使うのは惜しむけれど、自分にお金を使う分には寛大なのです。

奥さんや両親の医療費や子供の教育費は使いたくない無駄な出費と考えるでしょう。

しかし、自分の趣味や娯楽費用は無駄では無いのです。

結婚しても子供が生まれても、ケチな男にとって一番大切なのは自分なのです。

どんなに家族が金銭的に困っても、自分のお金は家族に渡しません。

また、どんなに忙しくて大変な時もケチな旦那は手をタダで貸してくれる事は無いでしょう。

自分がして貰った事は当たり前な助け合いと考えます。

しかし自分がしてあげた事は家族としての義務だろうと相手に対して貸しと考えるのです。

幸せな家庭を作るには奥さんである自分がしっかりとするしか無いのです。

 

ケチな男との別れ方

 

このままではストレスがたまるとはっきり言う

 

付き合っている男がケチのせいでがまんすることが多くなるとストレスがたまってきます。

それまでは不満をあまり言わなかったかもしれませんが、別れたいくらいの気持ちになってしまったのなら、もうこのままでは限界、ストレスがたまってしまう、とはっきり言うことです。

そのときは感情的になるのではなく、「あなたのこういうときが嫌だった、ストレスになっていた」と具体的にどういうことがいやだったかということを言うのです。

なんで今さら、と彼氏は言ってくるかもしれません。

そうしたら、「言ったら直す気はあるの?」と言ってみましょう。

彼氏は黙り込んでしまうかもしれません。

 

私はケチケチお金を使う性格とは合わないという

 

「最初はちょっとケチかなと思ったくらいで、あまり気にならなかった、良くいえば堅実ということで好感を持っていた」、ということをまずは伝えます。

彼氏もそう言われて悪い気はしないはずです。

でも付き合っていくうちにだんだんケチな人とは性格が合わないなと思った、このまま付き合ってもお互いに嫌な思いをするだけだ、と伝えるのです。

そして、実は私はあなたの前ではあまりお金を使わなかったけど、デートがない日とか、結構今までにいろいろお金を使っているんだということを告白します。

レシートなどを見せるのもいいでしょう。

彼氏はびっくりするかもしれません。

でも考え直して別れてくれるかもしれません。

スポンサーリンク


ケチケチして過ごしていても幸せを感じなかったと言う

 

彼氏はケチケチすることでいろんなことがお得になって彼女も幸せになると思い込んでいたかもしれません。

彼氏にとってケチケチするのは将来のため、ケチケチするのはお金を貯めるため、前向きに暮らしていくためのものであったはずです。

将来の幸せのためなら日々の生活は少しは我慢してもいいという考えだったかもしれませんが、ケチったデートやプレゼントが毎回のように続き、幸せとは思わなかったのは事実。

頑張ってあなたのケチに合わせていたが幸せを感じたことはなかった、これからもそうなら今後も幸せを感じないと思うので別れよう、と切り出します。

 

資格の勉強で、会う回数を減らす

 

ケチな男性は、何事にも細かい管理をしています。

デートの予定も先々まで、入れていることもありますよね。

スムーズに別れたい時には、デートのスケジュールを少しずつ、少なくしていきましょう。

例えば「これから日曜日は、試験の勉強があるから会えない」と言うのです。

もし、ここで習い事の名前を言ってしまったら、その習い事が終わるまでその場で、待っている可能性があります。

しっかりと、その時間に出てくるかどうかチェックされてしまったら、大変なことですよね。

家でもできるような資格の勉強などがおすすめです。

時には「図書館で、勉強するから」や「○○さんに教えてもらうから」と自宅にいなくても問題はないでしょう。

スポンサーリンク


彼の好みから外れていく

 

ケチな男性は、女性の好みも一定ではないでしょうか。

アイドルの○○ちゃんのような可愛らしい子が好き、セクシー女性が好きなど、色々あるでしょう。

あなたは、彼の好みから徐々に外れていきましょう。

例えば、今まで清楚な格好をしていたら、派手に化粧をしてみるなど、あなたからの変化が重要です。

あなたから、はっきりと別れを切り出しても、好みの女性であるなら、「絶対に別れない」と言いかねません。

ズルズルとストーカーのようになってしまったら、最悪なパターンです。

自然と、彼からも別れを承諾したくなるように持っていきましょう。

 

あなたの意見をはっきりと伝える

 

あなたは、彼のケチぶりに我慢をしているのではないでしょうか。

「それは嫌」と自分の気持ちを言ったことがありますか。

彼は、あなたもケチに賛成していると思ってはいませんか。

別れたいと思うほど、嫌なら、あなたは自分の気持ちを彼に伝えるべきでしょう。

「安い店ばかりは嫌」、「こっちに行ってみたい」と話をしてみましょう。

あなたの気持ちを尊重せず、自分のケチが大事なら、彼からも別れを承諾するでしょう。

しかし、あなたのことも大切に思い、優先したいなら「そうだね。こっちにしようか」と自分を譲ることでしょう。

意見が食い違い、あなたから別れ話になってしまったとしても、彼は反対しないでしょう。

スポンサーリンク


直接会うよりは無難?別れ話は電話をはさんで一息いれる!

 

ケチな男性に別れを告げると決めたら、直接会って話し合うよりは電話やメールでした方が無難かもしれません。

男性があまりにケチな場合、付き合っていた期間の費用を請求されたり、お金がからんだ話しが飛び出すことも考えられます。

感情的にならないためにも、距離を開けて一息いれて、相手にも自分にも冷静になる時間を作るようにしてください。

金銭的な感覚にズレがあると、思わぬ要求されることがあるかもしれません。

ですがあくまで応じず、別れ話を通すことだけに集中しましょう。

きっぱりとした態度をとることで、付け入るすきをさらさないようにしてください。

 

貸し借りには要注意!そのままにしておくと後で余計なトラブルが!

 

男性から借りているもの、もしくは貸しているお金がある場合、きちんと清算して別れるようにしましょう。

もし少額のお金だからと諦めてしまえば、別れた後も男性からなんらかのアプローチがあるかもしれませんし、精神衛生上よくありません。

借りているものを返す時も、一つずつ相手に確認し、間違いなくすべて返したことを強調してください。

後になってから掘り返されると時間の無駄ですし、きっぱりと関係を断ちづらくなってしまいます。

高価なものや二人の思い出の品などは、どう扱うのか慎重に話しあいましょう。

もし大切にしたい気持ちがあるのなら、それをはっきりと伝えることも必要です。

スポンサーリンク


ずるずると引きずらない!お金の関係も同時に切る!

 

お別れをしてからも、友人として付き合ったりすることもあるでしょう。

その時に、恋人時代の延長でお金を借りようとしたり、ものをねだったりする男性には気をつけましょう。

もし今までは許していたことだとしても、恋人関係ではなくなったなら、きっぱりと断って関係に線を引きましょう。

そのあたりがルーズでいると、お互いのためになりません。

ケチな性格を一度受け入れてしまうと、感覚がマヒしてしまうかもしれませんが、そのまま利用され続けるようでは、せっかく別れた意味がなくなってしまいます。

ですがケチだからという理由だけで、完全に疎遠になる必要があるわけではありません。

それ以外の魅力はきちんと認め、その後も良好なお付き合いをしていくことが理想なのですから。

 

ケチな彼氏と別れたいと思った時

 

お金の使い方に口出ししてくる

 

ケチな彼氏と別れたいと思った時は、お金の使い方に口出ししてくる時です。

彼女の稼ぎで買った物に対して、彼氏が口出ししてしまうと別れを考えてしまうでしょう。

彼女が自分の稼ぎで買った物に対して彼氏が「そんな高い物買って勿体無い」「また、無駄遣いしてなにやってるんだ!」と口うるさく言われれば嫌になってしまうのも当然でしょう。

結婚をして家計を一緒にしているのであれば、言う資格もありますが、彼氏だからと言って夫でもないのに一々お金の使い方に口出しされてはウンザリしてしまいます。

個人的にケチであれば我慢も出来ますが、人にまでケチ精神を押し付けるのは止めましょう。

 

イベント事のデートがいつもと同じ

 

ケチな彼氏と別れたいと思った時は、イベント事のデートがいつもと同じだった時です。

誕生日、クリスマスなどのイベントはカップルにとって一大イベントでしょう。

素敵なお店で美味しい食事をして、プレゼントを渡して愛を深め合うとても重要な事です。

流石に、ケチな彼氏も特別な日には奮発するかと期待していたら、いつもと変わらないデートだった時に彼女はガッカリしてしまうでしょう。

好きな人といられれば場所や内容は何でも構わないと言う人でも、少なからずイベントに沿った特別感は欲しいと願っているものです。

大金を使い豪勢にする必要はありませんが、特別な日はケチな彼氏でも特別なデートを演出しましょう。

スポンサーリンク


買い物中安く、同じものを見つけようとする

 

ケチな彼氏と別れたいと思った時は、買い物中、安く同じものを見つけようとする時です。

例えば、彼氏が靴が欲しかったとしましょう。

デートついでに靴の買い物に付き合った時に、気に入った靴が高かった場合本来なら諦めるか、気に入った物だから買ってしまうものですが、ケチな彼氏は同じものをより安く手に入れようと動き出します。

こうなると、デートの主導権は彼氏に移行し靴探しの旅が始まります。

何件もお店を周り、価格調査をし一番安い所で買おうとするのです。

デートそっちのけで、靴探しをしますから、彼女は置いてけぼりを食ってしまう事もあります。

こうなってしまうと、彼女としてはつまらないデートになってしまい別れたいと考えてしまうのです。

デート中に気に入った物を買わなかった場合、別の日に改めて1人で靴探しをする方がお互い幸せになれるでしょう。

 

決まったお店でしか買い物をしない

 

ケチな彼氏と別れたいと思った時は、決まったお店でしか買い物をしない時です。

ポイントカードや割引カードは今やどんな店舗でも行っているサービスです。

ケチな彼氏は自分の持っているポイントカードのお店でしか買い物をしません。

近くのコンビニで買うよりも遠くのポイントカードの使えるお店に行こうとします。

彼氏の生活圏内であれば問題ないでしょうが、出先でこれをやられてしまうと彼女はウンザリするのです。

「そこまでして、ポイントが欲しいか!?」とあきれてしまいます。

 

高級店で割引について店員にしつこく聞く

 

ケチな彼氏と別れたいと思った時は、高級店で割引について店員にしつこく聞いていた時です。

ケチな彼氏が珍しく高級店に食事に連れて行ってくれたと言っても油断はできません。

ケチな彼氏は割引が効く食事しかさせてくれないからです。

好きな物は食べられないと思った方がいいでしょう。

そして、高級店ですから間違えがあっては多額の食事代を払う可能性もあります。

そこで、間違いが無いか店員に何度も確認するのです。

高級店で割引について何度も尋ねる彼氏の姿を見た時に彼女は「何て必死なんだろう」と彼氏の姿が滑稽に見えてしまい愛情が冷めてしまうでしょう。

割引について確認したいのであれば、彼女のいない所でコッソリ店員に尋ねる方がスマートでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク